フォト
無料ブログはココログ

« まだまだお花見・御衣黄、楊貴妃@武蔵野公園 | トップページ | 玉川兄弟は本当に失敗したのか・福生市の水喰土公園で確認@玉川上水を歩く会・2回目 »

2014年4月18日 (金)

庭の清流でホタルを飼ってるお宅にちん入@玉川上水を歩く会・2回目

玉川上水を歩く会の2回目。

前回の第1回羽村の堰第2回草花丘陵第3回田村酒造。

Dsc04800_2

JR青梅線福生駅から南下してまずは上水にご挨拶。

室町初期の建立という清岩院にお参り。

境内数カ所から湧水が出て、せせらぎが庭園に注いでいる。

東京都の名湧水57選にも指定されました。

落ち着いたたたずまいが風格を感じさせます。

誰かが本堂の障子につけられた三鱗の紋に目を留めました。

「このお寺は臨済宗の建長寺派。北条氏とのつながりが深かった。

それで北条氏の家紋の三鱗を紋にしてる」

ミタ君がみんなに解説してます。一同なるほどと感心。

確かに清岩院は北条氏照が寄進などを行って縁は深い。

ミタ君は仏教に詳しいようです。

私ゃ、お寺に紋があるなんて考えたこともなかった。

ちょっと脱線すると、その昔、青梅や福生を支配してたのは三田氏。

ミタ君も末裔に連なるようです。

北条氏に攻め滅ぼされちゃったんですよね。

Dsc04803_2

横から入っちゃったので正門から出ます。

門前に板塀の旧家がある。

のぞき込んでいるとタケムラ君が

「ホタルの会でお世話になってる人の家だ!」。

ならいいだろうと門の中へ。

ご主人がいらしてお庭を見学。

岩を組んで流れがある。

多摩川を模したそうだ。

来週にはホタルの幼虫を流れに放すという。

ということは餌のカワニナがいる。

5月下旬から6月初めには庭にホタルが乱舞するそうだ。

なんともぜいたく。

流れは湧水ではなく井戸水をポンプで汲み上げているそうです。


Dsc04817

上水は多摩川が作った段丘の上を流れてますが、交通量の少ない崖下の道をたどります。

ほたる公園がありました。

右手の崖が段丘です。

タケムラ君によると、この公園はホタル飼育で苦戦してるそうです。

タケムラ君たちは昭島市の自宅近くの用水でホタルを復活させました。

いろんな交流会にも出席しているので詳しいんです。

6月中旬にはほたる祭りがにぎやかに行われています。


« まだまだお花見・御衣黄、楊貴妃@武蔵野公園 | トップページ | 玉川兄弟は本当に失敗したのか・福生市の水喰土公園で確認@玉川上水を歩く会・2回目 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

地図を片手に拝読!
そのうちに一人で行ってみたいと
思う心がウキウキしてきます。
続きが楽しみです。

ちゃちゃさん。
奥多摩街道はトラックが多いので崖下の「せせらぎの道」(?)とかいう散歩道を歩きました。

新緑がまぶしいコースでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まだまだお花見・御衣黄、楊貴妃@武蔵野公園 | トップページ | 玉川兄弟は本当に失敗したのか・福生市の水喰土公園で確認@玉川上水を歩く会・2回目 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30