フォト
無料ブログはココログ

« ホタルカズラにラショウモンカズラ、イチリンソウも@野川公園 | トップページ | 代表入りへ・FWのアピール合戦@マチダのJ »

2014年4月27日 (日)

おいでよ・うすむらさきの藤棚の下に・・@神代植物公園

根が単純ですから、ついつい口ずさんでしまう。

Dsc04976

♬うすむらさきの藤棚の 下で歌ったアベ・マリア

 澄んだひとみが美しく・・・

あまりに有名な歌なんで取り上げるのがためらわれたんですが、

思い切って・・。

♬セーラー服に朝霧が

流れていった丘の道

安達明の大ヒット「女学生」。

見事に咲いてる藤を見るともう条件反射で頭に浮かびます。

貧困なる想像力。

恥じてはいるんですが、いまさら良くなるわけでもないしね。


71k7dg5qtml_aa1182__2

「はるかな夢と あこがれを」語ったりしませんでした。

ですが、かつての「君はステキな女学生」たちと時々散歩を楽しんでます。

年月を重ねるのもいいもんです。

ところでーー。

あっさりと表舞台から消えていった安達明。

2011年5月に亡くなってます。

63歳。まだ若い。

息子さんのブログ


Dsc04975_2

もう少し公園内を歩きましょう。

咲いてましたねハナイカダ。

葉の真ん中に花が咲いてます。

これは雄木なので4.5個の花がついてる。

雌花は1、2個です。

でも葉から咲いてるわけではない。

葉柄から花までの葉脈が太くなってるでしょ。

つまり花柄を葉にくっつかせてる。

植物の不思議は尽きることがありません。


« ホタルカズラにラショウモンカズラ、イチリンソウも@野川公園 | トップページ | 代表入りへ・FWのアピール合戦@マチダのJ »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

以前、ハカラメを見て驚いたことがありましたが、このハナイカダも面白いですね。
花筏 とは名前も風情があります。
早速、植物公園に行って、探しましたが、やっぱり、
私には、見つけられせん(´・ω・`)ショボーン

それでも、ゆりの木の大木が風にザワザワして爽やかな気分になりました。

通りすがりのおばちゃん。
バラ園の北側、売店の先にベンチを置いた休憩スペースがあります。
そこをさらに北へ。「流れ」にかかる東側の橋を渡って右へ。
流れ沿いに東へ行ったすぐのところの右にあります。

(芝生広場の横ではなくて、一本バラ園側の道です)

ゆっくりと一本々々確かめるように見ながら歩いてください。

これで分かるでしょうか。

お久しぶりです!
「女学生」っていう歌、知りませんでした。
それにしても見事な藤ですね。

ハナイカダ、可愛いし、名前も風流。
植物の名前って大事。
「オオイヌノフグリ」が可哀想です。
「天人唐草」ともいうらしいですが。

みみりんさん。
「女学生」は団塊の世代は皆知ってる曲です。みみりんさんは若いので知らないのは当然です。このようなくすぐったくなる歌は青春歌謡って呼ばれてました。

さわやかな風にあたりながら植物園を散歩するのは気持ちいいですよ。

もうすぐバラも咲き始めます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホタルカズラにラショウモンカズラ、イチリンソウも@野川公園 | トップページ | 代表入りへ・FWのアピール合戦@マチダのJ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31