フォト
無料ブログはココログ

« 石垣のオキナグサ&いろんなスミレ@旧甲州街道裏高尾町 | トップページ | お城から八丁( 870㍍)なので八丁味噌@おっさんも旅をして愛知県へ »

2014年4月 1日 (火)

しき島の やまと心の なんのかの・・・@ICUの桜並木満開

桜のトンネルの通り抜けだい。

通り抜けは大阪造幣局の専売特許というもんでもないでしょう。


Dsc04346

トンネルの長さは正門からロータリーまで600㍍。

通称滑走路、マクリーン通りの両側に樹齢60から70年の桜が約100本。

前日の嵐にも耐えてしっかりと咲き誇ってます。

わたしゃ、ガキのころから、ここICU(国際基督教大学)の並木を眺めてます。


Dsc04355

これはロータリー側からのショット。

タイトルの和歌は上田秋成(1734〜1809)の作。

「しき島の やまと心の なんのかの 

 うろんな事を 又さくら花」

もちろん本居宣長(1730〜1801)に対する痛烈な批判。


「敷島の 大和心を 人問わば 

 朝日に匂ふ 山桜花」

さらに宣長の議論を「い中(田舎)人のふところおやじの説」と一蹴。

秋成の歌は知りませんでした。

「日本文学史序説 ㊦」(加藤周一、ちくま学芸文庫)に出てました。

「しかしその後の国学者が継承したのは、・・宣長の体系の弱点である。

一つは、神話と歴史の混同であり(したがって天皇制の神秘化)、

もう一つは、文化の特殊性と思想の普遍性との混同である(したがってこじつけの著しいナショナリズム)」(前掲書)

なるほどね。

何かに仮託したりせずに静かに桜を眺めましょう。

   cherryblossom   cherryblossom  cherryblossom

ちょい足を伸ばして武蔵野公園。

狙い通りに咲いてましたフデリンドウ。

Dsc04365

群落が3カ所にあるんですが、小群落の開花状態が良好。

まだほんの咲き始め。

ここには38種類の桜がありますので、お花見の折りにフデリンドウも楽しんでください。

« 石垣のオキナグサ&いろんなスミレ@旧甲州街道裏高尾町 | トップページ | お城から八丁( 870㍍)なので八丁味噌@おっさんも旅をして愛知県へ »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

ソメイヨシノが満開となり、その根元でフデリンドウが咲く季節となりましたね。
木々が葉を茂らすほんの少しの間、木洩れ日の中で、スミレやフデリンドウ、
ニリンソウの草花が咲き競います。
私の花(桜)見は、ソメイヨシノの後、色々な桜が次々咲く武蔵野公園がお気に入りのコースです。
野川沿いの桜並木は、東経大下のソメイヨシノから始まり、ヤマザクラ、ヤエベニシダレと
下流に向かって順に楽しめます。
お薦めは、遊歩道から野川の水際に降りて、下から見上げるシダレザクラです。cherryblossom

芙蓉酔人さん。

武蔵野公園は桜の見本市。40種近くもあるそうです。

シダレザクラだと早くいかないと見ごろを過ぎてしまいますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 石垣のオキナグサ&いろんなスミレ@旧甲州街道裏高尾町 | トップページ | お城から八丁( 870㍍)なので八丁味噌@おっさんも旅をして愛知県へ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30