フォト
無料ブログはココログ

« なでしこ決勝進出2−1スウェーデン@相手は強豪ドイツでマチダは悲観的 | トップページ | ドイツに完敗・どう立ち上がるのか@なでしこ0−3ドイツ »

2014年3月12日 (水)

春なので・・アズマ、ユキワリ、キクザキのイチゲ特集@あちこちの植物園

「春」の語源については、草木の芽が「張る」から、なんて説が流布されてます。

でも、岩波古語辞典の大野晋先生は「語源を『張る』とする説はアクセントの点から成立困難」とわざわざ注記してます。

通説がよっぽど我慢ならなかったんでしょうね。

ほかに田畑を「墾る(はる)」、気候の「晴る」が転じてなどがありますが、「張る」よりももっとあやしそう。

ということで、語源は分からない。

Dsc03947

分からないものはどうしようもないので、単純に春の恵みを愛でましょう。

神代植物公園のアズマイチゲが開きかけてます。

近くに「ムラサキ」の名札が立ってました。

入り口近くに咲いてたのからタネを採取したのかな。

そういえば先日の「玉川上水を歩く会」でしおんさんがムラサキのタネを配ってました。

自宅で増やしたタネを持ってきてくれたんです。

「ムラサキって何なの」

「校歌にも出てくるでしょ。同窓会の名前にも」

覚えちゃいませんが三番は

♬紫匂ふ武蔵野の あとに基おく教の舎(や)

遠き歴史のかげ負ひて・・・。

私は3年前に教えてもらいました。


Dsc03953_2

ユキワリイチゲは萩園の東側。

カメラを構えてしゃがみ込んでるので、すぐに分かります。

みんなニコニコしながら写真を撮ってます。

春を見つけてしあわせになるんでしょう。

多様性センター、調布市野草園でもみられます。

ここのが花っぷりがいいかな。

向かいの桜園では河津桜がちらほら。

怒濤の如く一気に春が来ますよ。


Dsc03940

キクザキイチゲです。

これは野川公園の自然観察園。

この後ろにはウバユリの若芽が目立つ。

「何ですか?」

「あれはですね。ウバユリです。枯れた茎もそこに残ってます」

聞かれて答えられるのは気持ちのいいもんです。

調布市野草園のはもっと群生してます。

行ったときは半開きだったので、写真は野川のを。

さあ、花追い人には忙しい季節が始まります。


« なでしこ決勝進出2−1スウェーデン@相手は強豪ドイツでマチダは悲観的 | トップページ | ドイツに完敗・どう立ち上がるのか@なでしこ0−3ドイツ »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

はい、花追い人です。お蔭さまです。
ありがとうございます。

時間をさいて、調布市野草園に行ってきました。
とても幸せになりました。(いつ、アップできるかな?)

池のザリガニを皆さん一生懸命に捕っておられました。
(この捕る…という文字でよいですか?)
蛍の幼虫放流の準備とのことでした。

かたつむりさん。
電車、バスを乗り継いでようこそ。あたたかい日でよかったですね。

野草園はユキワリとキクザキのイチゲのコーナーがいいですね。

コチャルメルソウはまだでしたか。

捕獲ですから「捕る」でいいと思いますが。

そうかもうホタルの準備なんですね。

コチャルメルソウはまだでしたたが、ネコノメソウの
ことを考えると、日影沢には、そろそろみられるのかも
知れません。

かたつむりさん。
きょう(14日)に行ったらコチャルメルソウが10センチくらいに伸びてました。

ということはそろそろ日影沢ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なでしこ決勝進出2−1スウェーデン@相手は強豪ドイツでマチダは悲観的 | トップページ | ドイツに完敗・どう立ち上がるのか@なでしこ0−3ドイツ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30