フォト
無料ブログはココログ

« ことしも大勢の人が・・カタクリが見ごろです@調布の野草園 | トップページ | もたもた浦和のバックスにマチダがあきれる@神戸3−1浦和 »

2014年3月30日 (日)

今ごろ福寿草のじゅうたん@植物多様性センター

神代植物公園の植物多様性センターで開かれた「花のしくみ講座」(23日)に参加してきました。

花で虫などを誘いタネを作り子孫を増やす。

動物には欲を与えて種の保存をうながしている。

植物は、欲もないのになぜタネを作ろうとするんでしょう。

不思議です。

Dsc04201

講義は20分ほどで終わって、お待ちかねの観察会。

3月末だというのに福寿草がびっしり。

最初に咲いたグループはもう花が終わってます。

遅咲きの品種なんでしょうか。

てんでに咲かせてあまり手が入ってないのが好ましい。

神代植物公園の方は秩父紅などは芽を出さなかった。

誰かが持って行ったんでしょうか。


Dsc04215

ふだんは立入り禁止区域の情報館裏にも案内してもらいました。

すごい。野草の宝庫です。

コスミレがあちこちに。

「これなんですか?」

鼻をぴくぴくさせて教えて差し上げました。

「キュウリグサです。葉をもむと胡瓜の匂いがします」

「あら、かわいいわねえ」


Dsc04213_2

カラスノエンドウも。

みなさん、野草の興味がおありのようで、ここが一番好評でした。

情報館に戻ってまとめ。

椿の花がテーブルに置かれてました。

椿は鳥媒花なんだそうです。

虫より大食漢の鳥のために蜜をたっぷりと用意してる。

黄色い雄しべの下半分はつながりあって筒になり、その底に蜜がたまってる。

「試してください」

では遠慮なく。小指を雄しべの筒に差し込みます。

冷たい感触がして引き抜いたら蜜がべったり。

なめたら甘かった。

ほかの参加者にもおすそ分けしました。


« ことしも大勢の人が・・カタクリが見ごろです@調布の野草園 | トップページ | もたもた浦和のバックスにマチダがあきれる@神戸3−1浦和 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ことしも大勢の人が・・カタクリが見ごろです@調布の野草園 | トップページ | もたもた浦和のバックスにマチダがあきれる@神戸3−1浦和 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31