フォト
無料ブログはココログ

« 柿谷にはがっかりのJリーグ開幕@マチダが斬る | トップページ | ようやくセリバオウレン&深大寺だるま市@神代植物公園 »

2014年3月 3日 (月)

外気はマイナスでも花は20度であたたかいザゼンソウ@野川公園

ミスミソウも咲き出した野川公園自然観察園。

植物たちは花の季節に向かってまっしぐら。

Dsc03748_4

早春の湖沼には欠かせないザゼンソウの花が咲いてます。

若芽を鳥に食べられて心配したのですが、小さな花が顔をのぞかせてくれました。

北国じゃ雪の中から仏炎苞が出てくるんでしょうか。

仏炎苞の中の花は発熱してるんです。

それで雪や氷を融かしてしまう。

気温がマイナス10度でも花は20度。

この温度は花粉の発芽に適してるんだとか。

暖を求めて昆虫などもひと休み。

ハスも熱を出して花の温度を30〜36度に保ってる。

南米原産のヒトデカズラの体温は40度まで上昇するんだって。

普通の植物の体温は気温とほぼ同じ。

それでも周りの雪が融けているのはなぜか。

たくわえた炭水化物を分解してエネルギー消費が増えるため。

これで結果的に発熱が起きて、雪が融ける。

Dsc03745_2

見落とすところでした。

オニシバリも咲いてます。

地味なんでいつごろの花期だったか、頭に入ってないんです。

ジンチョウゲ科なんですね。

もう、あちこちのジンチョウゲも開いてるでしょう。

ミツマタも科が同じですから開き始めました。

3日は深大寺のだるま市。

定休日だけど神代植物公園は特別開園してます。

ミツマタを見てきます。


Dsc03727

フキノトウも出てきました。

いつも農家の庭先販売で買うんだけど、ことしはまだだな。

遅れているのか、数が少ないのか。

天ぷらで苦みを味わって、残りはフキ味噌を作ります。

そういや、毎年ノビルを摘んでた空き地が宅地になっちゃった。

野川の土手で摘むしかない。

ノビルも食べたいもんね。


« 柿谷にはがっかりのJリーグ開幕@マチダが斬る | トップページ | ようやくセリバオウレン&深大寺だるま市@神代植物公園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 柿谷にはがっかりのJリーグ開幕@マチダが斬る | トップページ | ようやくセリバオウレン&深大寺だるま市@神代植物公園 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30