フォト
無料ブログはココログ

« 満開なり福寿草@神代植物公園 | トップページ | ウナギがいた!駆除対象はブルーギル5292匹、ブラックバス268匹etc@井の頭池のかいぼり »

2014年2月 4日 (火)

水抜きができない・かいぼり作戦のその後@井の頭池

もう干上がったかな。


Dsc03391

1週前とほとんど変わってません。

魚を捕獲するために水抜きを中断、「おさかなレスキュー隊」などが奮闘したのは1月25、26日。

その後に一気に排水してしまう計画でしたが、ご覧の通り。

ひとり黙々とスコップをふるってる人がいます。

泥をすくっては横に投げてます。

何をしてるんでしょうか。

どうやら水路を造ってるようです。

水路を伝って水が七井橋の方から池の尻に流れてます。


Dsc03382

七井橋から見るとよくわかります。

お茶の水池に残った水をポンプで汲み上げ、パイプで流してます。

「きのう(2日)もお茶の水池の土が出るくらいに排水したんですが、今朝来たら埋まってました」

と、かいぼり隊の方。

湧き水は枯れてしまったが、じわじわとしみ出してるんですね。

干上がらないとどうなるのか。

「もう一回、小魚を捕獲しなければなりません。ブルーギルの小魚がまだ残ってますから」

生息したままにしておくと、3月に水を入れたあとに繁殖してしまいます。


Dsc03402

こちらがお茶の水池の水たまり。

これだけあれば小魚は生きられる。

天日干しして植物プランクトンの増殖を抑えるという目的の100%達成が難しいのかもしれない。

天日干しすると泥中の窒素が深い層に移動、リンも水に溶け出しにくくなる。

それで植物プランクトンが増殖しにくくなり、水がきれいになるというわけです。

  fish  fish

立春を過ぎると雨も多くなる。

心配なので時々見に行くつもりです。


« 満開なり福寿草@神代植物公園 | トップページ | ウナギがいた!駆除対象はブルーギル5292匹、ブラックバス268匹etc@井の頭池のかいぼり »

三鷹市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 満開なり福寿草@神代植物公園 | トップページ | ウナギがいた!駆除対象はブルーギル5292匹、ブラックバス268匹etc@井の頭池のかいぼり »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31