フォト
無料ブログはココログ

« 武蔵野じゃ積雪30㌢以上とうずたかし | トップページ | 雪景色散歩@玉川上水・桜橋界隈 »

2014年2月10日 (月)

枝をゆすると花粉が飛ぶよハンノキ@野川公園

野川公園の自然観察園にはハケからの湧き水がつくった湿地がある。

ハンノキの好む生育地だ。

Dsc03345

ぶら下がってるのが花です。

目立たないけど、もう花をつけてるんです。

すでに茶色くなって花期が終わったのもある。

背が届く人は枝をゆすってみてください。

花粉が飛ぶのが見えます。

これも花粉症の原因物質のひとつ。

スギより少し早く飛散する。

スギ花粉が飛んでないのにむずむずする人は、ハンノキを疑った方がいいかもしれません。

背景はスギ。

今にも大量の花粉をまき散らしそうです。


Dsc03445_2

セツブンソウは3カ所で咲き始めました。

ひょうたん池の向かいの株がわりと大きい。

中でも花の大きいのをチョイス。

雪にさえぎられて2日ばかり行けてませんが、重みにも耐えてくれているでしょう。

積もった雪は、植物の周りから融け始めます。

子供のころから不思議だなあと見てました。

極々わずかな熱を出してるんでしょうが、どのくらいのものなのか。

測った人はいるんだろうか。


Dsc03439

最近は鳥の名前も覚えたいと写真を撮ってます。

スズメとカラスとハトくらいしか知りませんから。

自然観察センターに張ってある写真と比べて名前を確認。

シジュウカラでしょうね。

シジュウカラ、ヤマガラ、ヒガラ、コガラ・・・。

「カラ」が共通します。カラ類だそうです。

群れるのが特徴。

「カラ」は「鳥」をあらわすようです。古語かなあ。

「はらから」「うから」「やから」などから来てるんじゃないかとにらみました。

「から【族・柄】族、血縁」。

一族とか血縁みたいに一緒に群れている鳥を「カラ」と総称した。

スズメはどうなんだ、ってな突っ込みは無しです。

シジュウカラのシジュウは鳴き声から。

さえずりは「ツツピーツピー」で地鳴きは「チ・チジュクジュク」。

チジュクがシジュウになった。


« 武蔵野じゃ積雪30㌢以上とうずたかし | トップページ | 雪景色散歩@玉川上水・桜橋界隈 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 武蔵野じゃ積雪30㌢以上とうずたかし | トップページ | 雪景色散歩@玉川上水・桜橋界隈 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31