フォト
無料ブログはココログ

« 追い込み漁で投網作戦・かいぼり隊奮闘記その2@井の頭池かいぼり | トップページ | 梅は咲いたか・・山吹ゃ浮気で@神代植物公園 »

2014年1月27日 (月)

泥を流してご苦労さま・おさかなレスキュー隊その3@井の頭池かいぼり

「冷たかったでしょ」

Dsc03238


冷たい池に入って奮闘したレスキュー隊に質問。

腰まで浸かってたんだからそう思うよね。ところが、

「暑い」

夢中で魚を追いかけ回してたもんね。ご苦労さまです。

岸に上がった隊員はホースで泥を流してもらいます。

胴長の上の方まで泥が跳ね上がってます。

2時間、魚を追いかけ回したんだもんね。

達成感と心地よい疲労で、この夜はぐっすり眠れたことでしょう。

Dsc03233_3

捕獲した魚は測定所で計測され、在来と外来にわけられます。

在来魚は、かいぼりを実施しなかった弁天池に放流。

外来魚は飼料会社行きです。

そんな物流のルートが出来上がってるんでしょうか。

面白いね。

私ゃ、穴を掘って埋めるのかと思ってました。

緋鯉(錦鯉?)も外来扱いです。

植物でいやあ園芸種扱いなんでしょうか。

野川公園の自然観察園でも園芸種、帰化植物は増やさないようにしてるからね。


Dsc03187

捕獲されたオオクチバス。いわゆるブラックバス。

特定外来生物に指定されてます。

大きな口でエビや小魚を食べてしまいます。

「スズキ科ですから白身はおいしいですよ。

欧米では食用にしてるところもあるようです。

ただ皮がクサい。知らないで焼き魚にしたんですが、とてもじゃないが・・・」

かいぼり隊の方がそういってました。

実は27日も井の頭に行ったんですよ。

かいぼりの意義を説明する「かいぼり屋」がオープンしてました。

まだ神田川方面には水が残っているので、これが引いたら最後の捕獲を実施するみたいです。

まだ在来魚が残ってるからね。

   fish  fish   fish

かいぼり関連のほかの項目はこちらで書いてます。

追い込み漁で投網作戦・かいぼり隊奮闘記その2@井の頭池かいぼり(2014.01.26)

在来魚の保護作戦・おさかなレスキュー隊奮闘記その1@井の頭池かいぼり(2014.01.25)

ヘドロが首まで・・@井の頭池のかいぼり・魚レスキュー前日(2014.01.24)

池に投げ捨てた自転車は40台・その他オートバイ、ガスコンロetc@井の頭池かいぼり(2014.01.22)

水抜き開始で1㍍弱水位低下・21日現在@井の頭池のかいぼり

思い出のボートもお引っ越し@井の頭公園のかいぼり(2014.01.15)


« 追い込み漁で投網作戦・かいぼり隊奮闘記その2@井の頭池かいぼり | トップページ | 梅は咲いたか・・山吹ゃ浮気で@神代植物公園 »

三鷹市」カテゴリの記事

コメント

事前調査から事後調査までを含むレポート。
そこらの新聞には真似のできない迫力です。
「かいぼり」にかける情熱が伝わってきます。
最後の捕獲現場中継や、干上がり状況レポートも期待していいですか。

ぽちさん。
干上がった頃にまた行ってみようと思います。
ネタになるようなことがあればいいんですが。

こんばんは。
緋鯉が外来扱いだったと後から知って、ちょっとショックです。
鯉は全部放流されると思っていたので、外来種のあの赤い(オレンジ色)魚はなんだろな、と現場で間抜けなことを考えていました。

マイマイさん。
外来魚のたらいに入ってたんですね。緋鯉は飼料じゃなくてどこかに引き取られたんでしょうか。
弁天池に行ってみると確かに緋鯉は少ない。
もともといたのだけになってるんでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 追い込み漁で投網作戦・かいぼり隊奮闘記その2@井の頭池かいぼり | トップページ | 梅は咲いたか・・山吹ゃ浮気で@神代植物公園 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30