フォト
無料ブログはココログ

« ヘドロが首まで・・@井の頭池のかいぼり・魚レスキュー前日 | トップページ | 追い込み漁で投網作戦・かいぼり隊奮闘記その2@井の頭池かいぼり »

2014年1月25日 (土)

在来魚の保護作戦・おさかなレスキュー隊奮闘記その1@井の頭池かいぼり

いよいよ井の頭池かいぼりのクライマックス。

25日は「おさかなレスキュー隊」やボランティアが池に入って魚類を捕獲。

勇敢な人は腰上まで水に浸かって網で魚をすくってました。

Dsc03195

午後1時、午後の部の出陣式。

壇上が井の頭かんさつ会などリーダーで、座っているのがレスキュー隊。

小学生を連れた親子もいます。

手袋、たも網、胴長(ビニール製のオーバーオールみたいなヤツ)などが支給され対策は万全。

「亀は見つけてもさわらないように」など簡単な注意点を説明していざ出陣。

噛みつき亀がいますからね。

吉祥寺ライオンズクラブがふるまった豚汁を食べていた女性は「楽しみです」

大手を振ってどろんこで魚獲りができる。


Dsc03200_2

すでに池に入ってる人がいます。

大きいのはすでに午前中に捕獲したようです。

残ったのを捜してる。

この人たちは一般募集のレスキュー隊ではなくてNPOや別途募集した「かいぼり隊」などのようです。

井の頭かんさつ会のほか神田川ネットワーク、認定NPO法人生態工房、三ツ池公園を活用する会水辺クラブ、北川かっぱの会などさまざまな団体が加わっています。

生態工房は神代植物公園の水生植物園の外来魚駆除もしてた。

去年だったかな。

そっち方面の専門家のようです。

おっNPO Birthも参加してる。野川公園のパークレンジャーさんは、ここの所属なので身内みたいでうれしい。

Dsc03213

北側は見物人が多いので対岸に引っ越し。

目立ったのはこのうら若き3人組。

ひざ上までの深みに入って大きな網を振り回してます。

もう夢中です。

この先は底なし沼状態なので、ここが限度。

いやあ頑張ってます。

時々、たらいを要求してたので、魚が捕れたんでしょう。


Dsc03219_2

こっちの女性もすごいよ。

腰上まで入ってる。

肩まで泥が跳ね上がってもへっちゃら。

ビニールかっぱを着てから胴長。

泥はね対策もバッチリです。

帰りに見たらお顔にまで泥が着いてましたけどね。

「その1」はここまで。

次回は、追い込み漁+投網作戦の巻。乞うご期待。


« ヘドロが首まで・・@井の頭池のかいぼり・魚レスキュー前日 | トップページ | 追い込み漁で投網作戦・かいぼり隊奮闘記その2@井の頭池かいぼり »

三鷹市」カテゴリの記事

コメント

 さすが、現場の迫力が写真に出てますねえ。ニュース現場の強み!
 竹の間引きは、もちろんおいしい筍と、竹の強烈な繁殖を和らげるのと2つの目的だそうです。筍目当てのボランティアです。深慮遠謀。

戸塚の純ちゃん。
みんなが一生懸命に魚を捕ってる姿って感動的。
無心だからでしょうか。
タケノコ掘りにも通じるものがあるようです。

今日も行かれたのでしょうか。
ワタシは昨日の視覚情報過剰でくたびれはてました。
この次の機会にはぜひ、初日の朝一で行ってみたい・・・
続きを楽しみにしています。

マイマイさん。
大型魚はほぼ捕獲したようなので行きませんでした。

ただ気になってることがあります。
完全水抜きをしているので、小さな魚をどうするのか。まだ「かいぼり隊」が出動しそうなので週明けに確認をしようと考えてます。

解説ブースもつくられるので、あれこれ質問をしてこようとも思ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヘドロが首まで・・@井の頭池のかいぼり・魚レスキュー前日 | トップページ | 追い込み漁で投網作戦・かいぼり隊奮闘記その2@井の頭池かいぼり »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31