フォト
無料ブログはココログ

« これで1枚の葉なんです。エヘン!@植物多様性センター | トップページ | パピルス→PAPER、紙は←簡@神代植物公園 »

2013年12月15日 (日)

自画自賛だよ・燃えるもみじにセツブンソウ@野川公園

つぼみを確認してから2週間は経ってるのに一向に開きません。

Dsc02657

新しい芽もどんどん出てきて10本くらいに増えてる。

落ち葉のしとね(褥)があったかいんでしょうか。

一応証拠の写真をとパチリ。

柵から遠いので腕だけ伸ばしてつぼみを狙ったら、こんな絵になりました。

落ち葉の茶色に遠景は紅葉。

すっくと伸びたセツブンソウの白。

我ながらいい写真だと気に入ってます。

それにしてもいつ開花するのか。

冬至を過ぎて日が長くなったと感じたら準備OKになるのかな。

しばしば通うしかないですね。


Dsc02656

カンアオイは咲いてます。

葉をそっと持ち上げてのぞいてみてください。

一般的にイメージする花の概念からは離れてますが、れっきとした花です。

ハエの仲間が受粉を助け、タネはアリが運ぶそうです。

アリにタネを運ばせる植物を「アリ散布植物」という。

タネにエライオソウムという匂いがついてる。

スミレがそうですね。

多摩丘陵周辺には絶滅危惧種のタマノカンアオイが見られます。

といっも私には区別はつかないですがね。


Dsc02644

水仙は咲き始めました。

ボランティアさんが一生懸命に手入れをしてくれてます。

でもことしの初めはポチポチしか開かなかった。

今シーズンは幸先がよさそうだ。

ロウバイのつぼみも大分膨らんできました。

昔の人は冬至を祝った。あしたからは日が長くなる、と。

クリスマスが12月25日になったのもゲルマンの冬至の祭りとキリスト生誕が一緒になったためでしょ。

捜せば春の兆しはあちこちにありますよ。


« これで1枚の葉なんです。エヘン!@植物多様性センター | トップページ | パピルス→PAPER、紙は←簡@神代植物公園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

セツブンソウの追っかけありがとうございます。
雪と節分草は見慣れているけれど、紅葉と節分草は珍しいですね。
開花までにどんな背景が現れるのか楽しみです。

午後、野川公園を散歩しましたけど、セツブンソウのところは
素通りしてしまいました。
確かに雪を背景にしたセツブンソウは見たことがありますけど、
紅葉をバックのセツブンソウは初めてです。
水仙も4、5輪咲き、今年は沢山咲きそうですね。

ぽちさん、こんばんは。
年内には開くと思うんですが、どうでしょう。
落ち葉のかさこそを聞きながら歩く野川公園散歩は格別。

ことしは鳥が山から下りてくるのが遅いそうです。木の実が豊作なので里に来なくても足りてるかららしいです。

芙蓉酔人さん、いつもコメント感謝。
野川のほとりの柳も大分、芽吹いてうっすらと緑になってます。
植物たちは春の準備に忙しい。

ロウバイもクリスマスごろには咲くんじゃないでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« これで1枚の葉なんです。エヘン!@植物多様性センター | トップページ | パピルス→PAPER、紙は←簡@神代植物公園 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31