フォト
無料ブログはココログ

« ロウバイに先駆けて咲く花があるぞ・ぎらぎら太陽みたいなマルバノキ@植物多様性センター | トップページ | 玉川兄弟って何ものだったんだろうか@出自をめぐるナゾ »

2013年12月 2日 (月)

ノゲシとオニノゲシくらいだなあ@野川公園

1日は月イチの野川公園植物観察会。

Dsc02482

花は少ないがいつもと同じくらいの約40人が参加。

参加しだしてもう3年になります。

でも野の花はまだ覚えきれない。

咲いてるのはリュウノウギク、オニノゲシ、コセンダングサ、ツワブキ、ノゲシ、キチジョウソウ、コンギク、ノハラアザミくらいのもの。

目を楽しませるのは紅や黄に色づいた木々。

マユミやヒョドリジョウゴの実も鈴なり。

↑これはノゲシ。

葉にトゲがありますが、さわっても痛くない。


Dsc02484

こっちはオニノゲシ。

トゲが痛い。

並んで咲いてますので比較できます。

一年中咲いてるみたい。

ノゲシが史前帰化植物で、オニノゲシは明治以降にやってきた。

写真を撮ってたらグループに遅れてしまった。

前方で見てるのはソシンロウバイのつぼみ。

まだまだ堅いです。


Dsc02489_2

野川公園秋のビューポイントのかがみ池。

月並みですが、池に映るもみじを狙ってみました。

紅葉は、葉の中のクロロフィル(葉緑素)が分解されて黄色になり、同時に赤い色素のアントシアニンがつくられて赤くなる。

黄葉は、クロロフィルが分解されると、黄色い色素のカロチノイドが葉の表面に移動するため。

いただいた資料に載ってました。


« ロウバイに先駆けて咲く花があるぞ・ぎらぎら太陽みたいなマルバノキ@植物多様性センター | トップページ | 玉川兄弟って何ものだったんだろうか@出自をめぐるナゾ »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

野川公園も随分落ち葉が積もってきましたね。

こんな時期は、風の強い日がチョー楽しいんです!
散歩人さんならご存知でしょうが、
あの広い公園内を落ち葉がカラカラと縦横無尽に舞い踊って、
スペクタル映画を見ているようですよ。

「かがみ池」も湧き水に満たされ、色付いた紅葉が映っていますね。
今年は台風の影響で、野川の水量も普段の3倍くらいになっています。
今週末に行く予定です。

昨日は深大寺の深沙大王堂裏の坂を登った辺りの紅葉が見頃でした。
墓地越しに雪化粧した富士が見える坂が「絶景?」かな。

通りすがりのおばちゃん。

木枯らしに舞う野川公園の落ち葉は見たことありません。
風が吹いたら行ってみます。

芙蓉酔人さん。

墓地へ抜ける途中の坂ですね。富士山も見えるんですか。
気づいてませんでした。

あしたは神代植物公園のもみじを見てから墓地周辺コースかな。

ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロウバイに先駆けて咲く花があるぞ・ぎらぎら太陽みたいなマルバノキ@植物多様性センター | トップページ | 玉川兄弟って何ものだったんだろうか@出自をめぐるナゾ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31