フォト
無料ブログはココログ

« 自画自賛だよ・燃えるもみじにセツブンソウ@野川公園 | トップページ | カタバミは元気だねえ・こんもりして春みたい@神代植物公園 »

2013年12月16日 (月)

パピルス→PAPER、紙は←簡@神代植物公園

パピルスの花が咲いてます。

Dsc02662

葉の付け根に花がつくーーと思ったら大間違い。

葉は退化して茎の根元に残ってるだけ。

じゃ、葉みたいのはなんなのだ。

花軸(かじく)というものだそうです。

ふーん。

いろんなことがありますね。

何十回も前を通ってるけど気づきませんでした。

ところで、PAPYRUSがPAPERの語源というのは学校で習いました。

では紙という言葉はどこから来たんでしょう。ふと疑問に思いました。

「上」でも「神」「髪」でもない。突然、日本語化した感じがします。

困ったときは岩波古語辞典。辞書で日常語を引くのが楽しいんです。

ちゃんと出てます。

《「簡」の字音kanに i を添えたkaniの転という》。字の書かれた木簡が出土して時々、話題になります。

梅(muəi)→mme(むめ)→うめ、馬→mma(むま)→うま、なんかと同じで中国音を日本語化したんだ。

(馬については朝鮮語mɐr、満州語morinとの関係が考えられるそうです)。

もともとヤマトにはなかったので先進国の言葉を借りたんですね。

Dsc02669

お勉強はここまで。

ちょっと離れて見上げると黄色い花が・・。

マメ科のモクセンナ。

マレー半島などの原産ですが沖縄でも庭木として植えられてるみたい。

英名は Scrambled Eggs tree 。


そこから煎り卵の木(イリタマゴノキ)の和名もあるんだってさ。

雰囲気は同じマメ科のジャケツイバラに似てます。

ことしこそ高尾山のジャケツイバラを見に行くぞ。

武蔵国分寺境内のもいいですよ。


Dsc02670_2

キンカチャの実はお茶の実の数倍も大きい。

お茶の実も獲って、中身をほじくりだして笛にしました。

これだけ大きいとキンカチャも立派な笛になるかな?

つぼみは着実にふくらんでます。

黄色い椿にお目にかかれるのももうすぐです。


« 自画自賛だよ・燃えるもみじにセツブンソウ@野川公園 | トップページ | カタバミは元気だねえ・こんもりして春みたい@神代植物公園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

わたし、いじわるなんです。
今年はあと2週間ちょっとで終わり。
どんなにそそっかしいジャケツイバラでも咲くのは無理と思うよ。
来年の高尾のレポートを楽しみにしております。

ぽちさん、鋭い突っ込みありがとう。

もう年を越した気分で「ことしこそ」なんて書いてしまいました。
近ごろ、ことしの西暦とか年号とかは、カレンダーを見ないとはっきりしなくなりました。

寒けりゃ冬だし、春になれば花が咲く。それくらいでなんとなく生きていけるもんです。

ジャケツイバラは来年の初夏ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自画自賛だよ・燃えるもみじにセツブンソウ@野川公園 | トップページ | カタバミは元気だねえ・こんもりして春みたい@神代植物公園 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31