フォト
無料ブログはココログ

« 植木屋さんの青空セリ市&ムクロジの黄葉@深大寺の秋 | トップページ | 「いとはなやかなる色あひ」清少納言も誉めてるりんどう@野川公園 »

2013年11月 7日 (木)

ヒゲだるまと村山大島紬@立川断層を端から端まで歩く

Dsc02067_2

歩き始めて10分くらいなのに、もう知らない方の工場にお邪魔してます。

こんなだるまさんがあるんですねえ。

眉毛とひげが伸びて下の方に着かんばかり。

眉毛がかぶってないまん丸の目がかわいい。

一族で特注して、拝島大師の達磨市(1月2、3日)で求めてくるそうです。

工房が殺風景なので納めないで飾ってあるそうです。

   run  run

青梅市の岩蔵大岩からスタートして立川断層の隆起(高低差)を捜しながら歩いてます。

今回は武蔵村山市の残堀川の流路に沿って歩きます。

その途中なのにもう寄り道です。

村山大島紬と車体に書いてあるワゴンが停まってたんです。

武蔵村山市の特産品とは耳にしてました。

それでワイワイ話してたら、「見学しますか?」と社長さん。


Dsc02062_2

願ってもないこと。遠慮なくお邪魔します。

糸巻きに巻かれた糸の美しいこと。

赤と青は鮮やかで緑は渋い。

白はつやつやしてるし、黄はホッとする色合い。

小物でいいから何か手元に置きたいな。

やっぱり草木染めなんです。

いただいた説明には「絣(柄)を作るために絣板を用い『板締め注入染織』という他産地にはない技法の草木染め絹織物です」とありました。


Dsc02069

村山大島紬は昭和42年に東京都指定無形文化財、50年には経済産業大臣指定の伝統的工芸品に指定された。

社長さんは三代目の伝統工芸士。

いいものを見せていただきました。

ありがとうございます。

さて、ゆるゆると歩きますか。

新青梅街道を南に渡れば立川断層にぶつかるはずだ。

この日はイオンモールあたりで昼食、そのあと立川市の砂川まで行く予定です。

   foot   foot   foot

だいたいこのへんを歩きました。

北西から南東に流れている残堀川に沿って立川断層が走ってます。

というより、川は断層に行く手を阻まれて、その手前の低地を流れるようになった。


大きな地図で見る


« 植木屋さんの青空セリ市&ムクロジの黄葉@深大寺の秋 | トップページ | 「いとはなやかなる色あひ」清少納言も誉めてるりんどう@野川公園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ひげ達磨、初めて見ました!
迫力ありますね。
立川断層・・・タモリさんが好きそうな話題だわ。

みみりんさん、こんにちは。
ブラタモリ復活しないかなあと待ってます。
NHKの会長も「来年は編成上無理」なんて答えてたので、再来年くらいになるのかな。
次はスケジュールに余裕があるので遠出が期待できます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 植木屋さんの青空セリ市&ムクロジの黄葉@深大寺の秋 | トップページ | 「いとはなやかなる色あひ」清少納言も誉めてるりんどう@野川公園 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31