フォト
無料ブログはココログ

« パンパカパーン!本日のハイライト・野生のヒヨドリジョウゴ@野川公園 | トップページ | 植木屋さんの青空セリ市&ムクロジの黄葉@深大寺の秋 »

2013年11月 5日 (火)

こんなに違うシロダモの雄木と雌木の花@野川公園

植物観察会が終わってからボランティアさんがシロダモの写真を撮りにいくという。

「ぜひ」とついていきます。自然観察センターのすぐ裏です。

Dsc02151

枝がマフラーをしてるみたい。

小さな花がびっしり。

こんなに咲いてても気づかないもんですねえ。

香りを確かめたような気もするんですが、忘却の彼方。

ほかの花だったかもしれない。

クスノキ科ですから、きっとさわやかだったんじゃないか・・。

これは雄木。


Dsc02147

赤い実がなってます。

こっちは雌木。

先端に雄木と同じような花が見えますか?

ちょっとだけよてな具合だけど花です。

実は去年の花から出来たもの。

1年がかりで赤くなり、花と実が両方見られるというわけです。

隣同士で生えてますから比べるのに便利です。

野球のバットにするアオダモはモクセイ科で別種です。


Dsc02142

観察園の中は野菊の競演。

曇り空でも周囲が明るくなります。

このアワコガネギクの明るい黄色が好きです。

ほんとに黄金です。

秋の寂しさを忘れさせてくれるからでしょうか。

環境省レッドリストでは準絶滅危惧(NT)、東京都レッドリストはBランク。

よく見かけるような気がするんだけど、最近は中国、朝鮮から輸入したものが多いんだって。

ここのは和種なんだろうか。

ボランティアさんに確認してみよう。


Dsc02146_2

キク科のトリを飾って咲き出すのがリュウノウギク。

龍脳樹から採れる龍脳の似た香りがする。

龍脳は嗅いだことがありませんが、まあ樟脳の香りですね。

虫除けなんでしょうね。

私も虫がつかないようにせっせと香りを楽しんでます。

園内にはこのほかユウガギク(9月から咲き始めてまだ見られる)、カントウヨメナ、シロヨメナがあちこちで見られます。


« パンパカパーン!本日のハイライト・野生のヒヨドリジョウゴ@野川公園 | トップページ | 植木屋さんの青空セリ市&ムクロジの黄葉@深大寺の秋 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パンパカパーン!本日のハイライト・野生のヒヨドリジョウゴ@野川公園 | トップページ | 植木屋さんの青空セリ市&ムクロジの黄葉@深大寺の秋 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30