フォト
無料ブログはココログ

« 肥後、江戸、嵯峨・・いにしえからの菊を@神代植物公園 | トップページ | 柿谷決めろや@日本2−2オランダ »

2013年11月16日 (土)

高嶺の花ってシャクナゲなんだ@神代植物公園

このところの寒さで一気に紅葉が進んでます。

神代植物公園のイチョウもだいぶ黄色くなってきた。イロハモミジは先端が赤い。

多摩東部の見ごろは来週末かな。

Dsc02289

ラクウショウの紅葉を見ようと入り込んだシャクナゲ園。

通路からはあまり目立ちませんが、あちこちで花をつけてるじゃありませんか。

もちろん西洋シャクナゲです。

日本のはここにはないみたい。

栽培が難しいんでしょうか。

これはブルーファンタジー。名前の通りにもっとブルーの花です。

どうも私のカメラはブルーがちゃんと出ない。

こらえてつかーさい。


Dsc02281_2

←ドクターエンズ。

なんとか博士が作出したんでしょうか。

それ以上は分かりません。

ところで高嶺の花って、どうやらシャクナゲをさしてるらしい。

うすぼんやりと手の届かない花としか考えてなかったけど。

日本のシャクナゲは高山植物で、ふだんは目にすることが出来ない。

この夏に函館の大沼公園でハクサンシャクナゲを見たな。

白山ですよ。高嶺です。

栽培も難しいらしい。


Dsc02279

←サッフォー。

加えて日本では古くから山の精と考えられ、神木や忌み木として神棚などに捧げられてきたんだそうだ。

そうなんですか。知りませんでした。

ということで高嶺の花。

身近になったのは明治39年にイギリスから西洋種が入ってきてから。

サッフォーは古代ギリシャの女流詩人。

アフロディティにも比すべき美人だったとも言われている。

カメラの腕がへぼなので、お伝えできてません。

Dsc02293

同じツツジ科ツツジ属のツツジだって咲いてます。

ツツジって名札があるから区別してるだけです。

シャクナゲとついてたら、そう思います。

葉の大きさが異なるかな。

「鳳凰殿」という立派な名前が付けられてます。

自信作なんでしょうなあ。

« 肥後、江戸、嵯峨・・いにしえからの菊を@神代植物公園 | トップページ | 柿谷決めろや@日本2−2オランダ »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

ふふふhappy01
ブルーファンタジーのブルーが出ていないのは
私のカメラみたい…はい、こらえますですgood

ツツジって名札があるからツツジって思う…。
私は、そんな花ばかりです。
良く似ているものも多く、最近は特に謙虚でございますwink

どうしても香りを確かめたいと、去年、散歩人さんに教えて頂いて場所をつきとめておいた桂の木に会いに行ってきました。

ブリュレのような、葡萄のような、美味しい におい♡
落ち葉がこんなにいいにおいとは驚きです♡

深大寺にも回って、枝垂れ桂も確かめました、
殆ど落葉して、(お掃除しているので)少し散っているだけでしたが、こちらも いい におい♡

数枚失敬してきましたが、今だに香ってます。

そろそろ、野川公園の銀杏並木も色付くころですね、ずうずしく情報をお待ちしてます。

かたつむりさん。
おっしゃる通りですね。
なんとか種類の違いを見分けようとしゃかりきになるよりも咲いてる姿を謙虚に愛でてあげればいんですね。

おおらかな心が大切ですね。

通りすがりのおばちゃん。
ブログ拝見しました。

バラ園からせせらぎを越えるともう甘い香りが漂ってきます。

神代植物公園のイチョウもだいぶ色づいていたので野川公園もそろそろでしょう。
下見に行ってきます。
アメリカンスクールの塀沿いはカツラの並木です。ここではギンナンとカツラの香りがミックス。なんとも言えんです。

早速の情報ありがとうございます!!
嬉しい!です!


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 肥後、江戸、嵯峨・・いにしえからの菊を@神代植物公園 | トップページ | 柿谷決めろや@日本2−2オランダ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31