フォト
無料ブログはココログ

« 柿谷決めろや@日本2−2オランダ | トップページ | こんなうまいそばは初めてだ@福島県猪苗代町の「おおほり」 »

2013年11月18日 (月)

見た目の区別はつかないけどハチジョウアザミです@植物多様性センター

武蔵野及び島嶼部の自然を再現しようとしてる植物多様性センター(神代植物公園)。

徐々に整備されてきて野の花の種類が増えてます。

絶滅危惧種ⅠB類に指定されてるカワラノギクはまだ咲き誇ってます。

Dsc02304_2

伊豆諸島に行かないと見られないハチジョウアザミが咲いてます。

去年はなかったような気がします。

バックヤードで育てて植えたんでしょう。

見た目には普通のアザミと同じですが、葉が異なります。

肉厚でやわらかい。

伊豆諸島の山間部に生えてますので、厳しい海風に対応するためでしょう。

近縁種はほかには見当たらず、絶滅したと見られるトヨシマアザミに形態的に似てるそうです。

トヨシマアザミは小笠原の特産。

戦前までは見られたが、今では標本だけが残されている。

トヨシマは発見者の名前でしょう。


Dsc02300

イソギクは元気がいい。

ずいぶんと増えた気がする。

晩秋に似合います。

葉が厚ぼったいですよね。

白い縁取りもある。

これは葉裏の白い毛が表まで見えているため。

北風小僧は冷たいけど、これをみると暖かくなります。


Dsc02307

ヤマトシジミですか。

ほかの蝶は見かけなくなりました。

これも日のあたる葉に止まって小休止。

近づいても逃げません。

恐怖よりひなたぼっこ優先です。

こたつネコと一緒かな。

« 柿谷決めろや@日本2−2オランダ | トップページ | こんなうまいそばは初めてだ@福島県猪苗代町の「おおほり」 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 柿谷決めろや@日本2−2オランダ | トップページ | こんなうまいそばは初めてだ@福島県猪苗代町の「おおほり」 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31