フォト
無料ブログはココログ

« あっエリマキトカゲじゃなくてキノコのエリマキツチグリ@神代植物公園 | トップページ | 勝ちきって3連勝・1位通過のU17はエライ!@日本2−1チュニジア »

2013年10月25日 (金)

このバラが好きです「ピース」@神代植物公園

ナチ占領下のパリから持ち出された1本の苗木。

いまでは「平和の象徴」「奇跡のバラ」「20世紀を代表するバラ」など最大級の賛辞をつけて呼ばれている。

1945年4月、アメリカに渡ったバラはクリームイエローの花を咲かせていた。

そしてベルリン陥落。喜びにつつまれる中、バラの名前が付けられた。

「ピース」

Dsc01991

こんなに劇的なバラはほかにはないでしょう。

以前にも紹介しました。こちらをどうぞ。

開催中の「バラフェスティバル」では、必ず「ピース」のところに行きます。

あいにくの曇天ですが、ピースはものともせずに温かな輝きを放ってます。

10月に死去した元ナチス親衛隊長の葬儀が中止に追い込まれ、埋葬先が決まらない事態になっているとの報道があった。

この親衛隊長はユダヤ系市民ら335人を虐殺した罪で終身刑が確定、高齢のためにローマの自宅で拘禁されていた。

その後、埋葬先が決まったのかは知りませんが、元親衛隊長だって「お国のため」と信じてたのでしょう。

しかし、彼の行いは決して許されるものではない。

許してはいけない。

「お国のため」だったからといってすべてが許されるわけではないのは、どこの国でも同じです。

近ごろは「国益」とかいう嫌な言葉を多く耳にします。

誰の利益なんでしょうか。

私が生まれる前にも、この言葉のためにすべてが犠牲になってました。

こんな言葉は二度と聞きたくないもんだ。

Dsc01994

頭を冷ましましょう。

イイギリの赤い実。

葉はご飯をつつむけど実を食べるという話は聞かない。

ぶどうみたいなんだけどなあ。

「いひ」はご飯。「いひぼ」はご飯粒。

「ぼ」は奈良時代は清音で「ほ」だったようだ。

つまり「穂」かな。

「いひぼ」転じて皮膚に出来る「いぼ」。

昔は「疣」も「いひぼ」といっていたのが縮まった。

そういわれれば米粒がついたように見えるな。


Dsc01999

春に備えて、もうミツマタのつぼみがついてます。

このまま冬を越して花が開くのは来年3月ごろ。

ほかの花に先駆けて咲くんですが、気を持たせます。

まだかまだかと何回も見に行くんですが、なかなか応えてくれない。

万葉集なんかでは「さきくさ」(三枝)で登場します。

苗字の「さえぐさ」「さいぐさ」のもとです。


« あっエリマキトカゲじゃなくてキノコのエリマキツチグリ@神代植物公園 | トップページ | 勝ちきって3連勝・1位通過のU17はエライ!@日本2−1チュニジア »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あっエリマキトカゲじゃなくてキノコのエリマキツチグリ@神代植物公園 | トップページ | 勝ちきって3連勝・1位通過のU17はエライ!@日本2−1チュニジア »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31