フォト
無料ブログはココログ

« おっさんのお気に入りおやつ@マチダさんがおすすめ | トップページ | 決めたハマのメッシ斎藤学・まだまだ気まぐれとマチダが厳しく指摘 »

2013年10月19日 (土)

あっアサギマダラ!海を渡って台湾まで行く途中かな@植物多様性センター(神代植物公園)

優雅な舞いです。

ひらひら飛ぶかと思うと、羽の動きを止めて滑空したりする。

まさに貴婦人、ほれぼれしてしまいます。

Dsc01934

高尾山が産卵の北限とか。

幼虫のエサになるキジョランが生えてますからね。

秋になって渡りを開始したんでしょうか。

はるばる沖縄、台湾まで旅をするのが確認されてます。

鳥だって大変なのに、体も小さく羽も華奢な蝶には命がけの行動でしょう。

この蝶は、トレードマークの浅葱色がうすいですね。

もう疲れちゃったんでしょうか。

新撰組のだんだら羽織の浅葱色ですよ。

昔は日野や調布の多摩地方でもポピュラーだったんでしょうか。

もっとも新撰組の浅葱は、死を覚悟した色だったそうですが・・。

村山古道で富士山に登るとアサギマダラが群舞、乱舞するお花畑があるんだって。

行ってみたいよね。


Dsc01885_2

こちらはツマグロヒョウモン。

初めオスとメスの2匹が仲良くしてたんですが、ちょっかいを出す奴があらわれました。

つがいの1組にオス2匹が割り込んでメスの奪い合い。

この写真には4匹がいるんです。

押し付けられてるのがつがい。

空中でも激しく争ってましたね。

面白いんで、蝶を追いかけて公園じゅうを走り回りました。

しばらく見てました。

つがいの絆は強く、ちょっかい組はあきらめたようです。


« おっさんのお気に入りおやつ@マチダさんがおすすめ | トップページ | 決めたハマのメッシ斎藤学・まだまだ気まぐれとマチダが厳しく指摘 »

調布市」カテゴリの記事

コメント

多摩散歩人さんが公園にいらしたのはいつ頃ですか?
今日15時頃、私もここに行きました。
公園に行ったのは偶然だったのですが、バラ撮りを楽しんできました。

のぞむさん、こんばんは。
私が行ったのは17日。
バラ園は相変わらずの人でしたね。
入り口のおばちゃんが「花の数より人間の方が多い」なんて冗談を言ってました。

バラが終わると次は菊ですね。
そして紅葉。
秋深し・・・・。

ハーイ! 村山古道のアサギマダラと言ったら私の出番ですね。
標高1600m~1800mくらいのヒヨドリバナのお花畑の中の登山道。特に岩屋不動に行く水平な道は、普段の行いを良くして好天に恵まれれば、富士山頂と宝永山を望み、眼下には駿河湾が広がる好立地の中でアサギマダラと戯れることができます。
アサギマダラの羽って、思ったよりしっかりしてますよ。それはそうですよね、長旅をするのですもの。

ムラヤマフジコちゃん。
「普段の行いを良くして」が難しそう。

とはいえ「富士山頂と宝永山を望み、眼下には駿河湾が広がる好立地の中でアサギマダラと戯れる」ーー。
なんてすばらしいいんでしょう。

フジコちゃんは羽に触れたことがあるんですね。マーキングをしたのかな。

昨年の夏に岩屋不動へ行く途中、偶然「ローリング父さん」父子に会いました。息子さんの夏休みの宿題用にマーキングをしているところで、その留意点や忘れてしまったけれど雌雄の見分け方などを教えてもらいました。羽もこわごわ触らせてもらいましたが、しっかりしているのでびっくりもし、また納得もしまたよ。

ムラヤマフジコちゃん。
ほほう、びっくりするほどしっかりしてるんですか。
あの滑空する飛び方は、羽が丈夫だから出来るんでしょうね。

雌雄の見分け方は、羽の斑点がどうのこうのと書いてありますね。
ま、いいか、と右から左でスルー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おっさんのお気に入りおやつ@マチダさんがおすすめ | トップページ | 決めたハマのメッシ斎藤学・まだまだ気まぐれとマチダが厳しく指摘 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31