フォト
無料ブログはココログ

« さすが澤の危機管理能力&守りが光った柏@マチダのなでしこ&J | トップページ | 吐息が漏れそうな桃色・ミゾソバ@野川公園自然観察園 »

2013年9月24日 (火)

お勉強なのだ「自然が分かる!植物の見かた講座」@植物多様性センター

海岸に生えてる植物の根は、どうなってるのかな?

高い山で夏に「お花畑」が出現するわけは?

Dsc01539

ちゃんと考えたことのない植物の生態について教えてくれそうなので22日、植物多様性センターへ。

スライドで環境と植物についての解説を受けた後は外へ出て観察。

海岸植物の根がどうなってるのか実際に掘ってます。

コウボウシバは手を上げた有志が掘りましたが、根を切ってしまいました。

予想に反して地中で横に這って伸びてるんです。

普通、縦に長いと思いますよね。

写真は縦に伸びてる植物ですが、名前は忘れました。

手前はイソギク。

葉の裏が白いです。

毛がびっしり生えていて、乾燥を防ぐためと教えてもらいました。


Dsc01528

1時間の予定が大幅にオーバー。

なんと2時間近く園内を見て回りました。

後で試験はないから覚えてなくてもいい。

こんなお勉強は大好きです。

毎月第4日曜日に行ってるそうです。

よく見るけど名前は知らない。↑

アリタソウ、佐賀県有田で栽培されてた。

伝わったのは江戸初期だから鍋島藩ですか。

北アメリカ原産で虫下しに使われた。

昭和の30年代までは、お腹に虫を飼ってる人が多かった。

野菜に卵がついてたからね。

今でも学校では回虫の検査をやるんだろうか。


Dsc01534_2

メリケンカルカヤ。

メリケンの響きが好きなんです。

メリケン粉、メリケン波止場・・。

まだメリケンサックなんて売ってるんですね。

不良どもがケンカで使うんでしょうか。それとも粋がるだけ?

アメリカンはありがたみがないけどメリケンは郷愁を誘う。

古き良きアメリカの匂いがするんでしょうか。

コーヒーでアメリカンを頼んだら、お湯で薄めて出してきたとこがあった。

そういうもんかい。


« さすが澤の危機管理能力&守りが光った柏@マチダのなでしこ&J | トップページ | 吐息が漏れそうな桃色・ミゾソバ@野川公園自然観察園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

お彼岸の23日は野川公園へ行って来ました。
散歩人さんの情報通りヒガンバナが見頃を迎え、
久々に丘一面満開のヒガンバナを楽しめました。
ありがとうございます。
その後、やはり見頃を迎えた金蔵院のシロハギを見物して、
帰る途中、古い農家の土蔵の扉に大口真神のお札を発見し、
小金井も御岳信仰の土地なのだと改めて思いました。

芙蓉酔人さん。
木漏れ日に透かしてみる彼岸花も乙なもんですね。
きつい印象が和らぐんでしょうか。
金蔵院もはやくいかないと終わってしまいますね。

試験のないお勉強は刺激もあって大好きです
第4日曜日! 結構人数も集まってますね。

金蔵院は間もなく行きます。見ごろでしょうか?
樹齢三百年を越す、ムクとケヤキの大木を見るのも楽しみです。

第4日曜日の午後1時からです。前回は30人くらい。
小学生の女の子が熱心にメモを取っててかわいかった。
次回は実についてだそうです。

この前、教えてもらったんですがスダジイの実は灰汁を抜かなくても食べられて、おいしい。
マテバシイは、待つ(加工?)とおいしくなるので待てば、なんだって。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« さすが澤の危機管理能力&守りが光った柏@マチダのなでしこ&J | トップページ | 吐息が漏れそうな桃色・ミゾソバ@野川公園自然観察園 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30