フォト
無料ブログはココログ

« 好きです!全身毒草のシュロソウ&タカサブロウ@野川公園 | トップページ | ことしもタヌキマメ@神代植物公園 »

2013年8月21日 (水)

ススキをかき分けナンバンギセル@調布野草園

Dsc01006_2

もう先駆者がいました。

この季節、ススキと見れば根元をかき分ける。

すでに見つけやすいように根元が広げられてました。

それでも鋭い葉で切らないように慎重に。

ことしもこんにちはです。

中央高速をくぐった北側の広場です。

ススキから栄養をもらって元気に顔を出してます。

15日のことですから今はもっと咲いてるでしょう。


Dsc01000

園内ではタカサゴユリがあちこちに。

江戸時代、台湾のことを高砂国と呼んでいた。

だから高砂原産のユリ。

持ち込まれたのは大正時代というからずいぶんと遅い。

ユリは日本の名産なので見向きもされなかったのか。

それでもほとんどのユリが終わったお盆過ぎに咲くので重宝がられるようになったんでしょう。

外側の赤っぽい筋が特徴です。


Dsc00992

ツルビランと札に書いてありました。

野草園では珍しい植物も鉢植えで育ててます。

定期的に鉢を変えるので、チェックしてないと見落とします。

ツルビランでは検索しても出て来ない。

どうやらヒメハマナデシコの別名のようだ。

そういわれりゃナデシコです。

葉が厚くて茎はツル性。

花を見ないとナデシコとは思わない。

和歌山から西の海岸に生育してるようだ。


« 好きです!全身毒草のシュロソウ&タカサブロウ@野川公園 | トップページ | ことしもタヌキマメ@神代植物公園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 好きです!全身毒草のシュロソウ&タカサブロウ@野川公園 | トップページ | ことしもタヌキマメ@神代植物公園 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31