フォト
無料ブログはココログ

« ここからは昔は女人禁制ですが、山ガールは元気に登ります@吉田口から富士登山・その4回目 | トップページ | 怒りの鉄拳をふるう気力もうせて絶望・繰り返した同じミス@日本2−4ウルグアイ »

2013年8月14日 (水)

江戸時代の入山料は122文・5合目直下の中宮で徴収@吉田口から富士登山

Dsc00904

5合目過ぎで初めて営業している山小屋がありました。

廃屋ばかり見てきたので、なんだかホッとします。

里見平・星観荘。手前には佐藤小屋。

ここでトイレを借ります(200円)。

この日(8日)は余裕があったが週末は予約で満員のようです。

少し下がったところに浅間・大日・稲荷を祀った中宮社のあった中宮(ちゅうぐう)があった。

4軒の山小屋は中宮役場と呼ばれ、登山者から山役銭を徴収していた。

山役銭は戦国時代には武田氏に上納され、江戸時代には御師に権利が移った。

江戸後期の文政8年(1825)ごろは122文。

いまで言うと1000円くらいでしょうか。

落語の「時そば」は16文。

時代設定は不明ですが、そば1杯500円とすると4000円弱になりますが・・。

といっても単なる登山料ではない。

清め祓い料32文、役行者への賽銭12文、金剛杖8文、5合目の休憩料32文、山頂の浅間大社へ20文・・。

御師の取り分は78文。

初めは中宮役場で徴収していたが、のちには麓で払い、ここでは登山切手を改めたという。

明治になると廃仏毀釈で御師の活動が否定されたために山役銭も廃止された。


Dsc00905

現代の山小屋は1泊素泊まりで5250円。

「1泊1食では?」

おばちゃんに訊いたら、答えなかった。

そういう料金制ではないようだ。

ハンバーグ定食1000円、カレーライス1000円、おにぎり定食600円・・。

注文した分だけ加算される仕組みなんですか。

山小屋は高校の時の雲取山荘しか経験がないのでご免なさい。

中宮は「天地の境」とも呼ばれてました。

富士山は草山・木山・焼山に3区分され、5合目は木山と焼山の境界にあたります。

土は姿を消し砂礫をザクザクと踏みしめながら登ります。


Dsc00912

佐藤小屋で2230㍍。

わが生涯の最高地点かな。

一昨年に行った富士須走口5合目が2000㍍弱。

まぼろしの滝にも回ったが、100㍍は登ってないだろう。

小富士はもっと低い。

見たことのない花に出合えるかな。

名前は知らないが、とにかくカメラに収めます。

図鑑をひっくり返したらタチコゴメグサのようです。

富士山5合目の森林限界に分布というから間違いないでしょう。

自分でも光合成をして他の植物にも寄生する半寄生植物。

それで葉が小さいのね。

よく見ないとわからないけど花はかわいい顔をしてます。

自分で見つけて名前が判明するーー小さな喜びです。

    fuji   fuji   fuji

富士山吉田口の1回目「6合目までだけど吉田口から富士登山@廃墟も花もいっぱい」はこちらです。


富士山吉田口の2回目「崩れ落ちそうな2合目の冨士御室浅間神社@吉田口から富士登山」はこちら

富士山吉田口の3回目「富士山3合目の「三軒茶屋」は朽ち果てて・・@吉田口から富士登山」はこちらです。

富士山吉田口の4回目「ここからは昔は女人禁制ですが、山ガールは元気に登ります@吉田口から富士登山・その4回目」はこちらです。

   foot   foot   foot

ちなみに須走口散歩もつづけて書いてます。

お暇がありましたらクリックしてご覧ください。

まぼろしの滝を瞼に焼き付けたぞ@富士山須走口五合目散歩その2

うまい!ボリューム満点のキノコ鍋で昼食@富士山須走口五合目散歩その3

絶景に絶句!自然の造形にただただ感嘆@富士山のグランドキャニオン

小富士の方が9万年も古い・・・だからほんとは古富士?@須走口五合目散歩その5

あら!雪の妖精ユキムシが・・・小富士からGキャニオンへ@富士山五合目散歩

« ここからは昔は女人禁制ですが、山ガールは元気に登ります@吉田口から富士登山・その4回目 | トップページ | 怒りの鉄拳をふるう気力もうせて絶望・繰り返した同じミス@日本2−4ウルグアイ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ここからは昔は女人禁制ですが、山ガールは元気に登ります@吉田口から富士登山・その4回目 | トップページ | 怒りの鉄拳をふるう気力もうせて絶望・繰り返した同じミス@日本2−4ウルグアイ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31