フォト
無料ブログはココログ

« ヒオウギといえば祇園祭です@野川公園 | トップページ | セレッソ柿谷に期待・鳥栖の豊田も楽しみ@東アジア選手権代表選出 »

2013年7月16日 (火)

誰だ!木に穴を開けたのは・昆虫もお勉強します@野川公園

「木に穴があいてます。何ものの仕業でしょうか?」

ちびっ子たちに混じって夏のお勉強です。

Dsc00550

「キツツキ」

根っこの方ですから鳥じゃないです。

穴を開けられたのはプラタナス。

ドリルを使ったように上手に丸く掘られてます。

この日(14日の日曜)は野川公園の生き物ガイドウォーク。

レンジャーさんが案内して生き物のことを教えてくれます。

「根元付近を捜してください。その生き物がいるはずです」

「見つけた!」

どこかのパパが発見しました。


Dsc00547_3

正解です。

ゴマダラカミキリ。

メスは樹皮に卵を産みつけます。

幼虫は木を食べて育ち、自分でつくったこの穴から出てくるんです。

樹木を枯らしてしまう害虫です。

隣の木はエゴノキ。

実がいっぱいついてます。

3粒ばかり傷つけて水を入れたペットボトルに入れて振ります。

あら不思議。

白い泡がいっぱいできました。

昔は石鹸の代用にもしたそうです。

サポニンという毒もあるので、川に流して魚を捕まえるのにも使った。

まだあります。

実にはエゴヒゲナガゾウムシが卵を産みつけます。

実に面白い顔をしたゾウムシです。


Dsc00551_2

めざといちびっ子がカブトムシを捕まえました。

この公園にはけっこういるようです。

子どもたちは大騒ぎ。

こうなったらレンジャーさんの話なんか聞きません。

帰還がかなっても戻るのはお年寄りばかり。

子供のいる家族は避難先を新たな住処と決めたようです。

子供のいない集落は火が消えたようだ、という原発避難解除地区のお年寄りの発言が新聞に載ってました。

この集落には未来がないんです。

未来とは子供たちがすくすく成長することですから。

カブトムシ1匹で子供の歓声が聞こえるしあわせ。

どこの地域もそうなってほしい。


Dsc00552

アオギリの花です。

やがて出来る種の仕掛けが面白い。

サヤが舟形に裂けて、そのフチに種がつく。

どうなるのか。

落ちてくるときにひらひらと風に舞って地面に到達します。

少しでも遠くに飛ばすための仕掛けでしょう。

   bud  bud

あっという間の1時間半。

こんなお勉強も楽しいもんです。

本当はこの後、マヤランを見に行く予定でしたが時間切れ。

個人的に行きましたが、もうほぼ終わりでした。


« ヒオウギといえば祇園祭です@野川公園 | トップページ | セレッソ柿谷に期待・鳥栖の豊田も楽しみ@東アジア選手権代表選出 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/52462929

この記事へのトラックバック一覧です: 誰だ!木に穴を開けたのは・昆虫もお勉強します@野川公園:

« ヒオウギといえば祇園祭です@野川公園 | トップページ | セレッソ柿谷に期待・鳥栖の豊田も楽しみ@東アジア選手権代表選出 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31