フォト
無料ブログはココログ

« コンフェデから何を学んだのか@J再開マチダが鋭くチェック | トップページ | キレンゲショウマも咲き始めたよ@調布野草園 »

2013年7月 9日 (火)

スイレン、コウホネ、エリモシャクナゲそして温泉@函館漫歩・大沼公園、湯の川温泉

大沼公園を島づたいに散歩してます。

Dsc00341_2

ハスとコウホネが群生してます。

コウホネ(河骨)は葉が矢じり型だとネムロコウホネですが、遠くて確認できません。

童謡「春の小川」は河骨川がモデルといわれている。

ずっと前に聞いた気がするが忘れてました。

代々木八幡の方から渋谷に流れていた渋谷川の支流です。

コウホネが繁殖する清流だったんですね。

駒ヶ岳は相変わらず全容を見せてくれません。


Dsc00365

エリモシャクナゲ。

襟裳町の町花。ハクサンシャクナゲの変種でやや小さい。

つぼみは桃色ですが開くと白くなる。

ところで大沼公園の観光客は大半が台湾のツアー客。

久しぶりに観光地に行きましたが、事態は深刻です。

アジアからのお客さんが来ないと観光地は大打撃。

日本人だけではやっていけないんじゃないでしょうか。

アベノミクスに浮かれてると足元をすくわれてしまいそう。

そんなことを考えてしまいました。


Dsc00379

大沼から戻れば温泉が待ってます。

いつもの湯の川プリンス渚亭。

露天風呂の目の前は津軽海峡。

条件が良ければ下北半島が見えます。

函館山を見ながらゆったり浸かってリフレッシュ。

極楽、極楽。

暗くなったら夜景を見に函館山に行きましょうか。


« コンフェデから何を学んだのか@J再開マチダが鋭くチェック | トップページ | キレンゲショウマも咲き始めたよ@調布野草園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

何拍の旅行ですか?
大沼公園を島づたいに散歩なんて最高の毎日ですね!
ハスとコウホネの群生が素晴らしいですね。

温泉に入ってうっとりしてるのは何方ですか?wink

かたつむりさん。
島によって植生が少しずつ違うので探検気分で楽しめました。
函館は好きな街です。
今回は2泊3日。

温泉につかってるのは一緒に行った友人です。
夜になるといか釣り漁船の漁り火が見られます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/52366196

この記事へのトラックバック一覧です: スイレン、コウホネ、エリモシャクナゲそして温泉@函館漫歩・大沼公園、湯の川温泉:

« コンフェデから何を学んだのか@J再開マチダが鋭くチェック | トップページ | キレンゲショウマも咲き始めたよ@調布野草園 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30