フォト
無料ブログはココログ

« レンゲショウマが咲きました・マヤランも@植物多様性センター | トップページ | コンフェデから何を学んだのか@J再開マチダが鋭くチェック »

2013年7月 7日 (日)

あっちでもこっちでもチダケサシが満開@植物多様性センター

Dsc00398_2

近所の公園ではどこでもチダケサシが満開です。

変わった名前なんですぐに覚えました。

刺身じゃなくて乳茸を刺して持ち帰ったとか。

傷つけると白い乳液が出るので、体に触れないようにする工夫ですか。

ここ植物多様性センターでも増えたかな。

同じ属にはトリアシショウマ、アカショウマがあります。

なるほど似てます。

乳茸は食べたことがありません。

「ちたけそば」なんかがあって栃木県民は大好きだそうです。

いいダシが出るそうです。

放射能汚染でどうなってるのか。

原発推進派の罪は重いです。


Dsc00394

ヒヨドリバナです。

フジバカマは秋の七草に入ってたりするが、こちらは影が薄い。

同じような花なのにね。

どちらもキク科フジバカマ属。

芳香だってあります。

だからアサギマダラが蜜を吸いにやってきます。

中国産と日本産が評価を分けたんでしょうか。

昔から輸入品には目がないですからね。


Dsc00424_2

じーっと止まって動かないので、ついパチリ。

虫ピンで留めた昆虫標本みたい。

クロアゲハでしょ。

オレンジの模様が薄いですね。

風を送ったら飛び立ったけど、すぐに別の葉に。

お疲れの様子です。


« レンゲショウマが咲きました・マヤランも@植物多様性センター | トップページ | コンフェデから何を学んだのか@J再開マチダが鋭くチェック »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/52338762

この記事へのトラックバック一覧です: あっちでもこっちでもチダケサシが満開@植物多様性センター:

« レンゲショウマが咲きました・マヤランも@植物多様性センター | トップページ | コンフェデから何を学んだのか@J再開マチダが鋭くチェック »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31