フォト
無料ブログはココログ

« こんなのあるんだ菊花石@地下鉄の地上を歩く会・有楽町線その4 | トップページ | マチダがうなったセレッソ南野のラストパス@セレッソ2−1横浜 »

2013年7月11日 (木)

やっぱり食い気が一番・うまかった肥後の伝統菓子@地下鉄の地上を歩く会・有楽町線の4回目

文京区の目白台あたりをあっちこっち歩いてます。

目白の女子大の後は、学生寮「和敬塾」を抜けて講談社野間記念館。(地図は前回に掲載してます)

画家の「村上豊展」を開催中。挿絵も有名です。

その昔、村上さんのチームと中野の哲学堂で草野球をやったな。

目白通りに戻って通りを渡れば東京カテドラル関口教会。

Dsc00459

このへんは寄るところが多いね。

護国寺を出発してまだ一駅も歩いてません。

カテドラルとは、ギリシャ語で司教(大司教)が儀式の際に着座する椅子。

日本は16の教区があり、それぞれに責任者の司教がいる。

司教座のある教会がカテドラル。

事前にセイコさんが詳しくメールで教えてくれました。

実物大につくられたルルドの洞窟。

本物は写真で見たことがあります。

洞窟にマリア様があらわれたのは1858年。そんなに昔のことじゃないんですね。

教会内部も見たかったんですが、ミサが始まるというので出されてしまいました。

教会が出入りを拒むなんて初耳です。

セイコさんも納得がいかないようでした。

教会は神のもの、ある種のアジールですから本来、誰にでも門戸は開かれてるはずなんですが・・。

もめることはないので次を目指します。


Dsc00469

鳩山御殿は7、8月はお休みでした。

それでも坂を上がって御殿を外から。

神田川沿いの江戸川公園。細川家下屋敷跡の新江戸川公園もたどる。

若者グループじゃないので緑が恋しいんです。

いろいろ歩いてるが、ここは野間記念館の下。

回ってるだけなんだよね。

崖の上には永青文庫。

細川家に伝わる歴史資料、美術品を管理保存して一般公開してる。

国宝や重要文化財であふれてる。

さすが700年以上も続いいてるだけのことがある。

現在は夏季展「大名細川家への贈り物ー信長、沢庵、大観からー」を展示中。

Main020


Chosename

気になったのは窓口で売っていたこっちです。

左は加勢以多(かせいた)、右は朝鮮飴。

よだれを流していたらカネコさんとツチダさんが分けてくれました。

歩き疲れもあるんでしょうが、おいしかったなあ。

素朴な甘さがなんとも言えない。

雑味がないというか、一種類だけのうまさ。

幸せをかみしめました。

加勢以多は、ポルトガル語のカイシャ・ダ・マルメラーダ(マルメロジャムの箱)が由来。

マルメロ(カリンの一種=現在はカリンを使用)の果実を羊羹状に伸ばし、それをモチ粉のおぼろ種ではさんだもの。

細川家の二代忠興がお気に入りだったという。妻のガラシャも好んだのかな。

朝鮮飴は、もち米、水飴、砂糖をこねて片栗粉を掛けた求肥飴。

朝鮮出兵の際に加藤清正軍が携行、籠城中の兵糧とした。

いずれも幕府などへの献上品で庶民の口には入らなかったようだ。


« こんなのあるんだ菊花石@地下鉄の地上を歩く会・有楽町線その4 | トップページ | マチダがうなったセレッソ南野のラストパス@セレッソ2−1横浜 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

子供の頃、私の姉が日本女子大に通っていたので

東京カテドラルの聖マリア大聖堂の聖夜のミサに参加

したことがあります。xmas

コンクリート打ちっぱなしの近代建築ですが、

大空間に聖歌隊の歌声が響き、とても荘厳な感じがして

感動した思い出があります。

芙蓉酔人さん。
ちょうどウィーン少年合唱団が大変な人気のころですか。
パイプオルガンの音色がすばらしいというので、一度は聞いてみたいと思ってます。

手近なICUにしますか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/52395070

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり食い気が一番・うまかった肥後の伝統菓子@地下鉄の地上を歩く会・有楽町線の4回目:

« こんなのあるんだ菊花石@地下鉄の地上を歩く会・有楽町線その4 | トップページ | マチダがうなったセレッソ南野のラストパス@セレッソ2−1横浜 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30