フォト
無料ブログはココログ

« 砲台跡にエゾカンゾウ・お前も空襲を見てたのか@函館山ハイク | トップページ | レンゲショウマが咲きました・マヤランも@植物多様性センター »

2013年7月 5日 (金)

大沼湖畔をぐるっと島巡り散策@北海道・大沼公園

函館山ハイクの翌日は電車で大沼公園へ。

函館から特急で20分ほどです。

Dsc00376

雲が切れないですねえ、駒ヶ岳が拝めません。

山頂部が噴火で吹っ飛んで川をせき止め、出来たのが大沼、小沼、じゅんさい沼など。

それまでは富士山型の山容だったが、2つの峰になった。

1700㍍だった標高も1131㍍に。

すごいもんです。

噴火がつくった島は大小126もあります。

島巡りの散策コースがあるので歩き出す。

点在する島々に橋が架けてあります。

1時間もかからないからお手軽。


Dsc00337

いきなり「日本3大有毒植物」のドクゼリです。

ドクゼリはセリに比べて葉柄が長いらしいが、これは短いです。

春先の若葉は間違いやすいんでしょう。

誤食事故が後を絶ちません。

食べると口から泡を吹いて痙攣、めまいなどが起き、最後には呼吸麻痺をのために死亡するという。

ほかの2つはドクウツギとトリカブト。

ドクウツギも見たことないなあ。


Dsc00348

花は終わってましたがマイヅルソウの実がたくさんついてました。

地名の舞鶴じゃなくて鶴が舞ったような葉が命名の由来。

そういわれりゃ丈の割りには大きな葉をしてます。

鶴に見立てた人は想像力が詩的だね。

神代植物公園に名札はあるんですが、どの草だか見分けがつかなかった。

これでバッチリです。

秋になると実が赤くなるんだよね。

これだけ群生してると見事かもしれない。


Dsc00351

コシアブラと説明書きがありました。

山菜の女王はこんなだったかな。

もっとも食べるのは若芽。

タラノキと同じように春に芽が出ると摘んでしまう。

ここのは摘まないので、こんな繁り方になったのか。

タラノキなんて坊主になってますもんね。

まだまだ歩きます。

気温は20度くらい。

木陰なので通る風がさわやかです。


« 砲台跡にエゾカンゾウ・お前も空襲を見てたのか@函館山ハイク | トップページ | レンゲショウマが咲きました・マヤランも@植物多様性センター »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/52311931

この記事へのトラックバック一覧です: 大沼湖畔をぐるっと島巡り散策@北海道・大沼公園:

« 砲台跡にエゾカンゾウ・お前も空襲を見てたのか@函館山ハイク | トップページ | レンゲショウマが咲きました・マヤランも@植物多様性センター »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30