フォト
無料ブログはココログ

« オガサワラシコウランなど小笠原の貴重な花が見られるよ@神代植物公園 | トップページ | 砲台跡にエゾカンゾウ・お前も空襲を見てたのか@函館山ハイク »

2013年7月 3日 (水)

色よし形よし・さすが北の大地のサイハイラン@高さ334㍍の函館山ハイク

Dsc00294

見事のひと言です。

ハイサイランはあちこちで見てますが、こんなに立派なのは初めてです。

色もこれが本来のものなのかな。

1本だけなんて渋ったれではありません。

歩を進めるたびに楽しませてくれます。

今ごろサイハイラン?って思うでしょ。

ここは函館山。

はるばる来てます。

函館駅近くの居酒屋「魚一心」の魚が食べたくて。

おいしく食べるために散歩します。

観光バスで山頂まで上ったことはありますが徒歩は初めて。


Dsc00276

ロープウェイ山麓駅近くの函館山ふれあいセンター横から旧登山道コースに入ります。

センターの人によると、春の花が終わって端境期とか。

でも途中から「薬師山コース」を行くとサイハイランが見られるという。

じゃ、そっちへ行きましょう。

花はまだですがオオウバユリが道の両脇にびっしりと生えてます。

これの鱗茎はアイヌの人たちの大事なでんぷん源でした。

旧暦4月がアイヌ語で「モキウタ」、5月が「シキウタ」。

ウバユリを少し掘る月、本格的に掘る月だそうです。

大事な食糧だったことがこれでも分かります。

Dsc00278

オオハナウドでしょうか。

ハナウドよりも丈が高く2㍍くらいのもあります。

ツルアジサイもあちこちに。

道は広く、子連れのお母さんも上っていきます。

もっとも高い御殿山山頂が334㍍。

ふれあいセンターから山頂まで50分ほど。

野鳥観察小屋を過ぎたあたりで薬師山コースに入ります。

こちらは誰も入らない。

「マムシに注意」の看板があるので草むらには入らないように気をつけます。


Dsc00297

しかし、行けども行けどもサイハイランにはお目にかかれません。

もう終わったのかなあ。

道が南向きに曲がったあたりから視界が開け、林の間から函館の街が一望できます。

気持ちも広くなった頃、ようやく見つけました。

自然のままだと、こんなにいっぱい出るんですねえ。

野川公園などのは色も薄いし、せいぜい2、3本しかまとまってない。

栄養など条件が違うんでしょうね。

マムシに気をつけながら草を分けてパシャリ。

噛まれたらどうやって助けを呼ぼうかなんて考えました。

まだ途中です。

この先なにに出合えるんだろうか。

エゾなんとかが見られるといいな。


« オガサワラシコウランなど小笠原の貴重な花が見られるよ@神代植物公園 | トップページ | 砲台跡にエゾカンゾウ・お前も空襲を見てたのか@函館山ハイク »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

わぁ~、本当に鮮やかな色のサイハイランですね。
函館山までいらしたのですね。
うらやましい~
所変われば、ですね。
こちらではなかなかお目にかかれない花が咲いてたでしょうか。

>函館駅近くの居酒屋「魚一心」の魚が食べたくて

一度、透けたイカの刺身を初島で食べたことがありますが
おいしかった~。もう一度食べたい・・・

し〜さん、こんにちは。
エゾなんとかというのを期待してたんですが、函館は本州の植物とそんなに変わらないようです。
珍しいのもあったかもしれませんが、見分ける眼力がないので猫に小判状態です。

イカ刺しは透き通っていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/52280754

この記事へのトラックバック一覧です: 色よし形よし・さすが北の大地のサイハイラン@高さ334㍍の函館山ハイク:

« オガサワラシコウランなど小笠原の貴重な花が見られるよ@神代植物公園 | トップページ | 砲台跡にエゾカンゾウ・お前も空襲を見てたのか@函館山ハイク »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30