フォト
無料ブログはココログ

« イライライラbomb守備がスカスカ・マチダも天を仰ぐ@日本0−2ブルガリア | トップページ | 護国寺で富士登山&音羽ゆりかご会@地下鉄の地上を歩く会・有楽町線の3回目 »

2013年6月 1日 (土)

「空手バカ一代」ここに眠る・護国寺@地下鉄の地上を歩く会・有楽町線の3回目

大塚先儒墓地から戻って護国寺へ。

門前は何度も通ってますが恥ずかしながら入るのは初めてです。

徳川綱吉が生母・桂昌院の願いを受けて建立しただけあって境内は広い。

その前は薬草園(高田御薬園)だったんです。

護国寺を建てるために小石川に引っ越した。

参拝のあと境内をひとめぐり。

Dsc09735

裏手の墓地に入ってすぐ目に飛び込んできたのが大山家の墓。

大山倍達はここに眠ってるんだ。

思わぬ発見で、大声を上げてしまいました。

「空手バカ一代 

雲を得て龍となり

カラテの父となる」

大山さんと握手をしたことがあります。

大きくはなかったが肉厚で温かかった。

分厚い手のひらの感触は今でも覚えてます。

一緒に行った姫たちは「誰?その人」

全く関心を示しません。そんなもんですかね。

極真空手の創始者。素手で牛を倒した・・など説明しても無反応。

ひとり私が興奮してるのを「池上本門寺の力道山と同じくらい」と冷ややかなお言葉でした。

この墓所には「空手バカ一代」の原作者梶原一騎の墓もあります。

大山氏と同じ墓所を選んだんでしょうか。

そういえば同じ原作者の「あしたのジョー」のライバル力石徹の墓所は護国寺の設定になってます。

ジョーがお参りする場面があるようだ。


Dsc09738

東側は豊島岡墓陵の森です。

道路があるのは確認できましたが、それ以外は全くうかがい知れません。

先儒墓所はさらに東の低地です。

明治天皇第一皇子の墓所として護国寺の境内を召し上げたのが始まり。

宮家の墓所に近いというので明治の元勲たちが次々に護国寺に墓を建てた。

もともとは桂昌院と将軍家の祈願寺のため歴代住職以外の墓所はなかった。

強引に寺を説き伏せたんでしょうか。

三条実美、山県有朋、山田顕義。


Dsc09734

この立派なのは大隈重信。

前には鳥居が建ち、カギがかけられて中には入れません。

門から墓碑までは20㍍くらいありそうです。

墓の大きさを競ったのも明治の気風なんでしょうか。


« イライライラbomb守備がスカスカ・マチダも天を仰ぐ@日本0−2ブルガリア | トップページ | 護国寺で富士登山&音羽ゆりかご会@地下鉄の地上を歩く会・有楽町線の3回目 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/51854493

この記事へのトラックバック一覧です: 「空手バカ一代」ここに眠る・護国寺@地下鉄の地上を歩く会・有楽町線の3回目:

« イライライラbomb守備がスカスカ・マチダも天を仰ぐ@日本0−2ブルガリア | トップページ | 護国寺で富士登山&音羽ゆりかご会@地下鉄の地上を歩く会・有楽町線の3回目 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30