フォト
無料ブログはココログ

« 見応えあったイタリア0ー0スペイン@スペインPK勝ち・コンフェデ杯準決勝 | トップページ | こんなにキレイなのに腐れ玉じゃかわいそうクサレダマ@水生植物園 »

2013年6月29日 (土)

小判がザックザク・でもニセだよ・贋小判草@調布市野草園

錬金術とか贋金づくりと聞くとワクワクします。

明治11年(1878)の贋造紙幣流通に始まった藤田組社長・藤田伝三郎の逮捕は興味深い事件です。

藤田は西南戦争の戦争成金で、財界の長州派チャンピオン。

薩摩閥の警視局が、これに目を付けてのデッチアゲ。

ずっと前、「明治のえん罪事件ⅰ、ⅱ」として取り上げました。

Dsc00178

急に思い出したのは、この草のせいです。

ワイルドオーツです。

野生のオーツ麦。

笑ってしまったのが別名の贋小判草。

なるほど小判がたくさんついてます。

さわってみると平べったい。

コバンソウは、小判というよりワラジみたいなとこもあるが、これは小判です。

広い庭があったら植えてみたいな。

どうもヘンな方に関心が向かってます。

きっと素直じゃないんだね。


Dsc00173

ついでももうひとつ。

「これ、なーに?」

係員さんに訊いちゃいました。

穂がなかなかのもんでしょ。

目立つんですよ。

いやがらずに調べてくれました。

シラゲガヤ、白毛茅。

イネ科の区別をしたいんで、こうして教えてもらってます。

しかし、頭に入るのは2、3%。しょうがないよね。


Dsc00155

まともな花も。

コマツナギ。

馬をつないでおけるほどしっかりしてる。

見ごろには遅れたようです。

この葉はマメ科ですね。


« 見応えあったイタリア0ー0スペイン@スペインPK勝ち・コンフェデ杯準決勝 | トップページ | こんなにキレイなのに腐れ玉じゃかわいそうクサレダマ@水生植物園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/52164883

この記事へのトラックバック一覧です: 小判がザックザク・でもニセだよ・贋小判草@調布市野草園:

« 見応えあったイタリア0ー0スペイン@スペインPK勝ち・コンフェデ杯準決勝 | トップページ | こんなにキレイなのに腐れ玉じゃかわいそうクサレダマ@水生植物園 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30