フォト
無料ブログはココログ

« 勝つには勝ったが素直には喜べないドーハの雪辱@日本ー1−0イラク | トップページ | 富士をご威光の支えにした徳川家康@Eテレ「富士山と日本人」に触発されて »

2013年6月13日 (木)

1万年前の縄文人と心を通わせたいな・大鹿窪遺跡&山宮浅間神社@Eテレ「富士山と日本人」を見て

やっぱりね。

縄文の初期も初期、草創期から富士山の雄姿に手をあわせていたようです。

祭祀の跡が出土したそうです。

当然みたいですが、1万年前から人の気持ちが変わってないことに感動します。

Dsc09913

Eテレ「富士山と日本人」(9日放送)に触発されて、気持ちがざわついてます。

胸騒ぎのときめきです。

動物を追いかけ魚を捕って移動生活を繰り返していた人々が最初に定住の地に選んだのが富士山麓だったんです。

それも洞窟ではなく竪穴住居をつくって定住していた。

ようやく氷河期が終わった1万1000年前。

縄文時代は1万2000年前からといわれているので、まだ土器作りを覚えたばかり。

静岡県芝川町の大鹿窪遺跡です。

溶岩流のすぐそばです。

石を集めた配石遺構や集積遺構も出てきました。

石の遺構は南北に並んでおり、その先には富士山。

富士山をあがめていたようなんです。

誰だって、あの姿を見れば頭を下げたくなります。

縄文人も同じ気持ちで、すでに信仰心があったんですね。

そんな素朴なこころに悠久の時を感じています。

   tv   tv   tv

番組は1万年をスケッチしていきます。

素朴な信仰が続いたあと原始神道の形をとります。

その神社がまだあるんです。

人類学者の中沢新一さんが訪ねます。

数ある浅間神社の中でももっとも古いと考えられているのが山宮浅間神社。

総本宮の富士山本宮浅間大社の北約6㌔の富士宮市山宮に鎮座してます。

ここには拝殿はありません。

玉垣で区切られた四角いところが遥拝所。

「神籬(ひもろぎ)だね」と中沢がつぶやく。

ここに神が降りる。

正面には真白き富士の嶺。

自然を神とした神道の古い形が残されてる。

いつごろのことなんでしょうか。

本宮に遷ったのが大同元年(806)ごろ。

この前25年の間に3度、噴火があったという。

それで少し遠ざかったのか。

だから山宮は8世紀、いやもっと前から富士信仰の地だった。

いつかは分からないが行って遥拝しなければ。


    fuji   fuji   fuji

富士を祀る社はなぜ浅間神社なんだろう。

あさまとせんげんと2通りあるが、音読みは後からでしょう。

阿蘇、浅間、朝日などの火山の語根「AS」は火山、噴火、赤色出現を意味するらしい。

噴火を鎮めるために火山神(浅間神)を祀ったようです。

それまでは聖なる水源として「フジ」「フチ」など水神が信仰されてた。

それで山名はフジ、神の名はアサマになった。

なるほどね。

   pencil  pencil  pencil

雨降りでひまなもんだから「あさま」のつづき。

「AS」がどうして火山なのか。

つらつら古語辞典をめくった。

「あざやか」と「あさ」が近いかな。

「あざやか」はアザ(痣)、アザケリ、アザムキ、アザワラヒのアザと同根。

「人の気持ちにかまわず、どぎつく現われる」(岩波古語辞典)。

突然の噴火は、まさに「アザ」だ。

私の解釈、どうでしょうか?

「あす」と「あざ」の変化は、国語学者に訊かないと分かりません。


« 勝つには勝ったが素直には喜べないドーハの雪辱@日本ー1−0イラク | トップページ | 富士をご威光の支えにした徳川家康@Eテレ「富士山と日本人」に触発されて »

古代史」カテゴリの記事

コメント

久しぶりに縄文人の話題になりましたね。

思えば散歩人さんのブログに巡り合ったのは多摩の古代史に

ついて調べていた時でした。

ハケの上の台地の縁に縄文遺跡がいくつも連なってあるのも、

古代人が好む美しい円錐形の富士山を拝んでいたのでしょうね。

神奈備山が火を噴けばそれはそれは神々しい風景だったのでしょう。

現代人もなぜか富士を見ると心が幸せな気持ちになるのは、

縄文人の遺伝子のなせる業なのでしょうか。confident

芙蓉酔人さん。
興味深い番組でした。
縄文の草創期には今の富士山ではなくて、新火山が噴火して峰が2つあったようなことも説明してました。

録画してないので(録画機がない)で不確かですが。

富士山が今のような綺麗な円錐形になったのは1万年くらい前ですって。まだ若いんですねえ。
2011年の10月末に行った須走口のグランドキャニオン。(ブログに載っていますよねえ。) その時に行った小富士は10万年前とずっとお兄さん。(お姉さんかな?富士山の神様は古来ずっと女性だから。)
スバルライン五合目駐車場にある小御岳神社(こちらは私の好きな磐長姫を祀ってます。)のある小御岳はもっと前に活動しています、とちょっと知ったかぶりさせていただきました~、有難う!!

ムラヤマフジコちゃん。
ちらっとだけど新富士が噴火して小富士の左に山が出来たCGがちらっと出てきましたね。
大鹿窪の縄文人が見てたのは、そんな富士だったんですねえ。
溶岩がすぐそばまで迫ってるのに、よくそんなところに定住したもんだと感心してます。
恐れながらも近づきたかった、矛盾した心情が分かるような・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/52001860

この記事へのトラックバック一覧です: 1万年前の縄文人と心を通わせたいな・大鹿窪遺跡&山宮浅間神社@Eテレ「富士山と日本人」を見て:

« 勝つには勝ったが素直には喜べないドーハの雪辱@日本ー1−0イラク | トップページ | 富士をご威光の支えにした徳川家康@Eテレ「富士山と日本人」に触発されて »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31