フォト
無料ブログはココログ

« 小判がザックザク・でもニセだよ・贋小判草@調布市野草園 | トップページ | もう葉が落ちて坊主になってる・別名夏坊主のオニシバリ@調布市野草園 »

2013年6月30日 (日)

こんなにキレイなのに腐れ玉じゃかわいそうクサレダマ@水生植物園

去年は遠くからしか撮れなかったので再挑戦。

うまい具合に近くで咲いてました。

Dsc00183

こんな花だったんです。

長細い花弁がちょっと面白い。

黄色の具合もケバケバしくなくてほどよい。

クサレダマ。草連玉。

サクラソウ科オカトラノオ属。

マメ科に連玉(レダマ)があって似ているというので名づけられたが、実際は似てないそうです。

レダマもクサレダマも江戸時代に南蛮からやってきた。

オランダ人に頼んだんでしょうか。

それとも清国の人にお願いしたんでしょうか。

高かったんでしょうね。

それでも流通する購買力があった。

長崎の出島に風穴を開けておいただけなのに、江戸時代はいろんなものが輸入されてます。

鎖国のことを調べてみると面白いかも。


Dsc00190_2

ミソハギが盛りです。

どんよりとした曇り空を払うような群生もいいですが、アップもなおよし。

田んぼの畦なんかにあるのを使ったのでしょうか?

摘んできて水を含ませてから供物にかける。

それで禊ぎ萩、つづめてミソハギ。

溝萩というところもあるらしい。

盆花とか精霊花とも言うようです。

禊ぎと洗礼って同じだよね。

キリスト教でも頭に少し掛けるんじゃなくて、赤ん坊をざぶんと水につける宗派がある。

仏教でも神道でも前身を水に浸けて清める。

未開と言われる地区の信仰ではどうなんだろう。


« 小判がザックザク・でもニセだよ・贋小判草@調布市野草園 | トップページ | もう葉が落ちて坊主になってる・別名夏坊主のオニシバリ@調布市野草園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/52189782

この記事へのトラックバック一覧です: こんなにキレイなのに腐れ玉じゃかわいそうクサレダマ@水生植物園:

« 小判がザックザク・でもニセだよ・贋小判草@調布市野草園 | トップページ | もう葉が落ちて坊主になってる・別名夏坊主のオニシバリ@調布市野草園 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31