フォト
無料ブログはココログ

« 高級料亭の刺身のつま・なんだけど食べたことあるかなハマボウフウ@植物多様性センター | トップページ | あーあ、勝てた試合だったのに・・マチダががっくり@日本3−4イタリア »

2013年6月19日 (水)

何年ぶりでしょう!野川公園でノコギリクワガタを見つけた

Dsc09966

昆虫班のボランティアさんが写真を撮ってます。

クヌギの樹液が出ているところ。

スズメバチも樹液を吸ってます。

ピンと来ました。

やっぱりね、ノコギリクワガタがいました。

5時ごろに起きて、よく採りにいったので集まる場所は先刻承知。

まだちゃんといるんですねえ。

遠くを見る目つきになっちゃいました。

(写真はボランティアさんにお願いして別の木に止まってもらいました)


Dsc09969

キヌタソウの小さい花が咲いてました。

珍しくはないんでしょうが、ほかではあまり見ないですね。

丸い実が布を叩いてシワを伸ばしたり、やわらかくする砧に似てるらしい。

肝心の砧を見たことがありません。

東宝撮影所のある世田谷区砧も、これに由来する。

「多摩川にさらす手作りさらさらに

何そこの児のここだ愛しき」 (万葉集巻14東歌)

さらした布を朝廷に納めたので調布。

狛江(高麗江)をはさんで砧です。

一帯には渡来人が住んでいた。

ずっと昔、多摩川近くにあった朝鮮人集落のキムチがうまいというんで買いにいったことがある。

李恢成の芥川賞受賞作は「砧を打つ女」でした。

砧は半島渡りの民具なんでしょうか。


« 高級料亭の刺身のつま・なんだけど食べたことあるかなハマボウフウ@植物多様性センター | トップページ | あーあ、勝てた試合だったのに・・マチダががっくり@日本3−4イタリア »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

やっぱり今でもいるんですね・・ノコギリクワガタ。

子供の頃の夏休みはきまって雑木林での虫捕りでした。

ノコギリ、ヒラタ、コクワそしてミヤマクワガタも獲れました。

カンブンなんて飽きるほど。

それが、畑への農薬散布が始まってわずか1,2年で

みんな林から消えてしまいました。

あの、さみしさは今でも忘れません。

少しづつでも武蔵野に自然が戻ってきた実感がしますね。smile

芙蓉酔人さん。
野川公園の隣は武蔵野公園、武蔵野の森公園、やや離れて深大寺、府中の森公園、浅間山、小金井公園。
公園が連なってるので少しずつ自然が戻ってきてるのを実感します。
深大寺境内のオオムラサキのサナギ羽化も近そうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/52075020

この記事へのトラックバック一覧です: 何年ぶりでしょう!野川公園でノコギリクワガタを見つけた:

« 高級料亭の刺身のつま・なんだけど食べたことあるかなハマボウフウ@植物多様性センター | トップページ | あーあ、勝てた試合だったのに・・マチダががっくり@日本3−4イタリア »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31