フォト
無料ブログはココログ

« オオデマリより大きいテマリカンボク@植物多様性センター(神代植物公園) | トップページ | パワープレーの迫力を堪能・横浜−鹿島@マチダのJ »

2013年5月 4日 (土)

これじゃ歌にも詠みたくなりますタガソデソウ@神代植物公園

Dsc09046

漢字だと誰袖草となります。

誰の袖か、いとしい人に決まってます。

袖を振るのは愛情表現。

こんな羽衣みたいな着物の袖を振られたら後ろ髪を引かれて戻っちゃいそう。

古今集の「色よりも香こそあはれと思ほゆれ 誰袖ふれし宿の梅ぞも」(読み人知らず)を想起して名づけられた。

教養のある人がつけたんだね。

でも、そういわれりゃ、ふさわしい名に思えてきます。

ナデシコ科ミミナグサ属。

絶滅危惧Ⅱ類です。


Dsc09052

ホタルカズラはどこの植物園でも見られますね。

でもここの群生が一番かな。

集団でブルーが光ってる。

遠目でも青いじゅうたんが目立ちます。

ムラサキ科ムラサキ属なんですね。

ムラサキのほんのり青い花とはまるで違います。

ホタルカズラの根は染料にはならないようだ。

その分の色素を花で使ってしまうためか。

(いい加減な素人の感想です)。


Dsc09039

3枚あるうちの2枚が落ちてますがバテイコウ。

馬蹄香。

まあ葉が馬の蹄ですかね。

中国中南部原産。

薬用でもなさそうだし誰が持ってきたのか。

お坊さんが勉強のついでに持ち帰ったのでしょうか。

珍しい植物を運んでくると「よくやった」って誉められたのかな。


« オオデマリより大きいテマリカンボク@植物多様性センター(神代植物公園) | トップページ | パワープレーの迫力を堪能・横浜−鹿島@マチダのJ »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

誰袖草…風雅な名前です。
歌を詠む人しか思いつかない名前ですね。
命名者なんて、記録されない昔々の人ですね。
優しい上品な感じがします。
来週行きますが、何処らへんで見られますか?
野草園?

そんな優雅な名前の草があたのですね。
「ふさわしい名に思えてきます」に同感です。

風で、袖を振るように揺れるのかも・・。

ホタルカズラの群生、キレイですね。

「みどりの日」は植物園の無料公開日なので出かけましたが

すっごい人人人・・・

でも、満開のシャクナゲや咲き始めのオールドローズも楽しみました。

お気に入りの深大寺のお釈迦さま(白鳳時代)も公開されていて満足

の一日でした。happy01

名無しさん。
野草園です。花屋の方の入り口に案内図があって場所が示してあります。
小さな花なので通り過ぎないように。

小夏さん。
わたしも初めて知りました。
袖を振る乙女、情景が目に浮かびます。

芙蓉酔人さん。
深大寺のお釈迦様を拝見しにいこうかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/51465639

この記事へのトラックバック一覧です: これじゃ歌にも詠みたくなりますタガソデソウ@神代植物公園:

« オオデマリより大きいテマリカンボク@植物多様性センター(神代植物公園) | トップページ | パワープレーの迫力を堪能・横浜−鹿島@マチダのJ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31