フォト
無料ブログはココログ

« なかなか見られないそうだナツノハナワラビ@野川公園 | トップページ | ピッチに救急車・大丈夫か広島GK増田@大宮ー広島 »

2013年5月 7日 (火)

人もふらふらっ蝶は恍惚バイカウツギの甘い香り@植物多様性センター(神代植物公園)

匂いに引き寄せられてふらふらっと近寄った。

Dsc09153

白い花も目立つんですがね。

この香りで酩酊する人もいるらしい。

花に酔えたらいいね。

一日中、このそばに立っていてみようかな。

アオスジアゲハも引き寄せられてきました。

蝶も酔っぱらうのか。

甘い香りとおいしい蜜。

羽をいっぱいに広げて陶酔してるのかな。

わたしが近くで見てるのも気にしません。

♬恋におぼれて 流されて

死ぬほどたのしい 夢をみた

あとはおぼろ あとはおぼろ(「恍惚のブルース」作詞川内康範)


Dsc09144

ほろ酔いになったら、こんなのが恋しくなります。

ユウゲショウ。

二階の窓からおねえさんが、おいでおいでをする。

青梅線の終点2つ手前の鳩の巣駅近くにも、そんな家がありました。

立ち寄った喫茶店のお兄さんが教えてくれました。

今は誰も住んでません。

小河内ダムの工事でにぎわったころのことでしょう。

(鳩の巣と白丸の間の白丸ダム建設時かな)

奥多摩駅(そのころは氷川)には映画館もあったんです。

花街もあった。

奥氷川神社前の路地がそうだったとにらんでます。


Dsc09149

まどろみからさめまして・・。

傘が開くと見向きもしなかった。

花茎が伸びてます。

ということは花が咲くんだ。

当たり前ですがね。

失礼しましたヤブレガサさん。

ことしはちゃんと見届けます。

« なかなか見られないそうだナツノハナワラビ@野川公園 | トップページ | ピッチに救急車・大丈夫か広島GK増田@大宮ー広島 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

やぶれがささん、おどけた姿を楽しんだけれど
そうでした~!
地味なお花が咲くのでしたね。
しっかり見てあげましょうlovely

それにしても、バイカウツギ、見ただけで香りが
想像できます。
国分寺のガクウツギも強い香りでした。
ウツギの種類は沢山あるのですね。

バイカウツギとアオスジアゲハ、お見事な構図ですね。
時々「写りの悪いのはカメラのせい」なんておしゃるけれど
どうしてどうして、カメラ君もいいお仕事なさるじゃありませんか。

バイカウツギでしたか。coldsweats01

シロヤマブキと思って通り過ぎました。

奥多摩にも色んな歴史があるのですね。

3日は山歩きを兼ね東京最奥の山上集落”奥”へ行ってきました。

日に3本しかない峰谷のバス終点から徒歩で約40分。denim

標高900mの山上に15,6軒の集落がまだ残ってます。


かたつむりさん。
野川公園ではタニウツギが見ごろです。赤い花です。
ちかごろどこへいってもウツギが目立ちます。
ヒメウツギは覚えたかな。あやしいけど。

ぽちさん。
カメラに謝らないといけませんね。
見とれていたら蜜を吸いにきて、じっとしてたんです。
アゲハにも感謝。

芙蓉酔人さん。
すごいところへ行ってきましたね
「峰が26軒81人、奥は20軒77人ーー昭和56年7月1日の役場調べである」
と、「奥多摩町異聞」に載ってます。
いつか奥多摩や檜原の集落を訪ねたいと思ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/51520515

この記事へのトラックバック一覧です: 人もふらふらっ蝶は恍惚バイカウツギの甘い香り@植物多様性センター(神代植物公園):

« なかなか見られないそうだナツノハナワラビ@野川公園 | トップページ | ピッチに救急車・大丈夫か広島GK増田@大宮ー広島 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30