フォト
無料ブログはココログ

« どちらもクレマチスの原種だよ・カザグルマとハンショウヅル@調布の野草園と府中の浅間山 | トップページ | 断層が川をせき止めた「古霞湖」@立川断層の端から端まで歩く会 »

2013年4月26日 (金)

雨天決行で青梅の岩蔵大岩を再訪@立川断層の端から端まで歩く会

午後から雨予報の24日、立川断層の始まり青梅の岩蔵大岩を訪ねました。

Dsc08919_2

雨が激しくなったら岩蔵温泉でひとっ風呂浴びればいい。

臨機応変の構えで青梅線河辺駅からバスで東京炭鉱前。

東京にもあった炭鉱についてはこちらをご覧ください。

岩蔵の大岩はこちらです。ヤマトタケルと大岩、フセギのわらじはここです

岩蔵温泉は東京で唯一の温泉郷です。1200年前の開湯というから古い。

もっとも鉱泉ですがね。

黒沢川によって立川断層が侵蝕された川っぷちに旅館が建ち並んでいる。

断層運動と何か関係があるんでしょうか。

ヤマトタケルが訪れて岩蔵の大岩の窪みに鎧を納めたという伝説がある。

そんなに大きな窪みじゃないですがね。

今では村の祭りでこしらえたフセギのわらじが吊るしてある。

山の中に入っていくと向かいの新緑にフジの紫が。

一本の木なんでしょうか。

見事なもんです。

一番下にフジのアップの写真を追加しました。(©梢さん)

Dsc08924

大岩はやっぱりデカい。

神話の主人公と結びつけたくなる気持ちがわかります。

ここが露出した断層面の始まりです。

断層は南東方向に見られ、瑞穂町、武蔵村山市、立川市、国立市と続く。

おしまいは多摩川を渡って高幡不動の近くまで走っている。

岩の上に小さな祠があります。

濡れ落ち葉で滑るのにお転婆さんたちの好奇心が勝ちました。

なんでも確かめないと気がすまない。

Dsc08933

けっこうな坂でしょ。

傘をさして登っちゃうんですから。

断層上を歩いてバス通り(小曽木街道)まで出ようと思ったが断念。

踏みあとらしきものはあるが、笹や枝でふさがれてる。

午前中から降り始めた雨だったが、昼前には空が明るくなった。

このまま断層探索を続けられそうだ。

野の花などを楽しみながら岩蔵街道をテクテク歩きます。


Img_3421_2


« どちらもクレマチスの原種だよ・カザグルマとハンショウヅル@調布の野草園と府中の浅間山 | トップページ | 断層が川をせき止めた「古霞湖」@立川断層の端から端まで歩く会 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

雨をものともしない皆さんのパワーすごいですね。でも計画練り直しなんてしていたら 「すげー!!!」 としか言いようのない大フジには出会えなかったかもしれない。続編を楽しみにしております。

ぽちさん。大フジのアップの写真を追加しました。自然の中のものは迫力があります。

雨予報だったんですが、昼前には上がって夕方まで降りませんでした。みんな、いい子にしてるからでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/51373841

この記事へのトラックバック一覧です: 雨天決行で青梅の岩蔵大岩を再訪@立川断層の端から端まで歩く会:

« どちらもクレマチスの原種だよ・カザグルマとハンショウヅル@調布の野草園と府中の浅間山 | トップページ | 断層が川をせき止めた「古霞湖」@立川断層の端から端まで歩く会 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30