フォト
無料ブログはココログ

« あっ、オオカミの護符だ・蔵の中も見せていただきました@立川断層の端から端まで歩く・その3回目 | トップページ | しげしげと見たかえでの花@神代植物公園 »

2013年3月31日 (日)

甘納豆の神様、じゃないんです阿豆佐味天神社・瑞穂町@立川断層の端から端まで歩くその3回目

瑞穂町の狭山神社をスタートして断層を調べながら、あっちこっちを歩いてます。

立川断層も狭山丘陵に沿ってますので、青梅街道と並行してます。

Dsc08342

うろうろしてたら阿豆佐味天神社にぶつかりました。

「あずさみてん」と読みますが、意味ははっきりしてません。

「甘納豆の神様かと思った」

そういわれれば、おいしそうな名前です。

この直感、おおらかですばらしい。


Dsc08339

ここはぜひとも訪れたかったんです。

なにしろ延喜式の多摩八座(下の方に八座の名前を挙げておきます)の筆頭にあげられている古い社です。

そのわりには神寂びるというよりは、単にさびれている。

横の竹林なんか荒れ放題。

猫返し神社【注1】の異名もついた立川砂川の阿豆佐味天神社の方が有名になっている。

でも、砂川のは、ここの祭神を勧請したものです。

岸村の村野さん(のちに砂川)が、新田開発したのが立川の砂川。

氏神さまもお連れしたんです。

神社の東が瑞穂町と武蔵村山市の境界です。

Dsc08346

青梅の岩蔵大岩から始まった断層は、この先でいったん消滅します。

新たに残堀川にかかる富士見橋から隆起が続きます。

川岸の左側がわずかに盛り上がってます。

おおむね川に沿って進みます。

断層はそれほど高低差はありませんが、それでも高いところで2㍍くらいはあります。

夕方5時を過ぎたので武蔵村山市の山王森公園近辺でこの日はおしまい。

やっぱりイオンモールまでは行き着きませんでした。

    cat  cat   cat

《多摩八座》阿伎留神社(あきる野市)、小野神社(多摩市・府中市)、布多天神社(調布市)

大麻止乃豆乃天神社(稲城市)、阿豆佐味天神社(瑞穂町)、穴澤天神社(稲城市)、

虎柏神社(青梅市)、青渭神社(調布市・青梅市・稲城市)

おおむね多摩川の流域になります。阿伎留神社は支流の秋川沿い。

阿豆佐味天神社は残堀川があるが、それよりも狭山丘陵からの水の恵みが大きかったのだろう。

[注・複数の地名がある神社は、いろいろな説があってどこか比定できていない]

《猫返し神社》「猫返し神社」と称され、行方不明になった愛猫の無事や健康をお祈りに来る方がいらっしゃいます。

近年では、ジャズピアニストの山下洋輔さんがエッセイで書かれたこともあり、全国から参拝者がいらっしゃっています。

当社の境内社である蚕影神社(こかげじんじゃ)にお参りし、「絵馬」に願いを書いたら、無事に帰ってきたという報告も寄せられています。

愛猫の無事や健康を祈る「猫絵馬・猫守り」を授与しております。

また、「ただいま猫」の石像があります。やさしく撫でて下さい。

蚕影神社・・・その昔、砂川地域は養蚕が盛んでした。
        蚕の天敵はネズミ。そのため、猫を守り神にしています。

                      (ホームページより)


« あっ、オオカミの護符だ・蔵の中も見せていただきました@立川断層の端から端まで歩く・その3回目 | トップページ | しげしげと見たかえでの花@神代植物公園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

本日、やっと神代植物公園の桂の木と巡り逢いました。
散歩人さんが教えて下さった当たりをぐるぐる調べて、諦めかけた時、「これが桂の木よ」の声!

近づいて来た、おば様たちの話声だったのですが、
『求めよ、さればあたえられん』ですね。

通りすがりのおばちゃん。
まさしく天の声ですね。なんでおば様たちは桂を探してたんでしょう。
復活祭ですからね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/51025087

この記事へのトラックバック一覧です: 甘納豆の神様、じゃないんです阿豆佐味天神社・瑞穂町@立川断層の端から端まで歩くその3回目:

« あっ、オオカミの護符だ・蔵の中も見せていただきました@立川断層の端から端まで歩く・その3回目 | トップページ | しげしげと見たかえでの花@神代植物公園 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31