フォト
無料ブログはココログ

« 六十、七十ははな垂れ小僧・平櫛田中の「鏡獅子」を見に行く@小平 | トップページ | ここに「断層湖」の「古霞湖」があった@立川断層を端から端まで歩く »

2013年2月20日 (水)

このへんじゃ珍しいユキワリイチゲ@植物多様性センター(神代植物公園)

雪割一華。

残雪をかき分けて淡い紫の花が日の光を浴びている。

名づけた人の気持ちがこもってます。

Dsc07451

武蔵野じゃ、あまり見ません。

多様性センターは2年間工事をしていて、オープンは去年の4月下旬。

前身のグリーンギャラリーのときは気づかなかったので、初めて見ます。

詳しそうなおばちゃんが通りかかったので質問。

「ここらじゃ見ないですね?」

「西日本に自生してるのよ」

そうか、見ないはずです。

今じゃ、ブルドーザーでかき回したので、あちこちに広がってる。

案外、強いんだ。

Dsc07444


キンポウゲ科のイチリンソウ属。

花茎にひとつだけ花をつけるので一華。

2つだとニリンソウ。

←比較のために、これはキクザキイチゲ。

野川公園で咲いてます。

神代植物公園のアズマイチゲはまだ気配もありません。

まだ真冬なみの寒気が関東を覆ってますからね。

南海上の前線が春と冬の境目。

前線が北に上がると春風が吹くんだけどなあ。


Dsc07479_2

ずいぶんと花つきのいいマンサクです。

錦糸卵がぶら下がってる。

「ハマメリス」と札がありましたが、違うかもしれません。

ハマメリスはアメリカ東部原産。

秋から晩秋に咲くとなっている。

今ごろ盛りなので、あやしい。

何かとの交雑種かな。

本物なら、ネイティブ・アメリカンは、これを薬に使った。


« 六十、七十ははな垂れ小僧・平櫛田中の「鏡獅子」を見に行く@小平 | トップページ | ここに「断層湖」の「古霞湖」があった@立川断層を端から端まで歩く »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

雪割一華、風情あるぴったりの名前ですね。

枯葉落ち葉の中のキクザキイチゲも素敵です。

錦糸卵には大笑いhappy01
どっさりです!甘そうですdelicious

かたつむりさん。

毎日寒いので、スプリング・エフェメラルたちの開花が遅れてるようです。

もう寒いのはいいやって気になってます。

早く重たいコートを脱ぎたい。

今朝も寒かったですね。
奥多摩や丹沢の山並みが真っ白になって北国の風景の様でした。
今夜も西の空に御嶽神社の明かりがチラチラと見えます。shine
春の妖精たちも寒くないかなぁ。

芙蓉酔人さん。

御嶽の灯りが見えるんですか。

雪の中のホッとする光景でしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/49493260

この記事へのトラックバック一覧です: このへんじゃ珍しいユキワリイチゲ@植物多様性センター(神代植物公園):

« 六十、七十ははな垂れ小僧・平櫛田中の「鏡獅子」を見に行く@小平 | トップページ | ここに「断層湖」の「古霞湖」があった@立川断層を端から端まで歩く »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31