フォト
無料ブログはココログ

« 清水はあったかいよ・クレソンの若葉@野川公園湧き水広場 | トップページ | 高尾山に行けなかったので2度目の富士登山@武蔵境・杵築神社 »

2013年1月15日 (火)

右近の橘のタネから芽生えたんだってさ@神代植物公園の橘

神代植物公園の橘は、ちょっと前に書きました。→こちら

ここにどうして橘が植えられてるのか。

Dsc07005

京都御所の紫宸殿の前に桜と橘の木が植えられてます。

右近の橘、左近の桜。有名ですね。

ここの橘は、御所の子どもなんです。

こんな話です。

木の下に実が落ちてました。

明治天皇がこれをお付きの人にくださった。

お付きの人は大事に持ち帰り、武蔵野市の自宅庭にタネをまいた。

ちゃんと芽が出て大きくなった。

明治、大正、昭和を見守りながらすくすくと成長。

大きくなり過ぎたので植物公園に寄贈したというわけ。

明治天皇が御所にいたのは江戸末期から明治初め。

もう150年近く経ってます。

園長さんが自慢してました。


« 清水はあったかいよ・クレソンの若葉@野川公園湧き水広場 | トップページ | 高尾山に行けなかったので2度目の富士登山@武蔵境・杵築神社 »

調布市」カテゴリの記事

コメント

立派な橘ですね。
雪は大丈夫でしたか?
非時香木(トキジクノカクノミ)、ぶつぶつ…。
PCの横に貼ってあります。

かたつむりさん。

きょうは月曜休日の翌日なので植物園は休みでした。

以前の写真です。

きょうは滑るので散歩もままならず、夕食の買い物だけ。

雪かきもしてました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/48751414

この記事へのトラックバック一覧です: 右近の橘のタネから芽生えたんだってさ@神代植物公園の橘:

« 清水はあったかいよ・クレソンの若葉@野川公園湧き水広場 | トップページ | 高尾山に行けなかったので2度目の富士登山@武蔵境・杵築神社 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31