フォト
無料ブログはココログ

« これが立川断層の始まりだ・岩蔵の大岩はデカイ@青梅市小曽木 | トップページ | 断層の上に住んだ縄文人@立川断層の始まりを見に行く »

2013年1月23日 (水)

フセギのわらじと岩の上には奥の院・青梅の岩蔵の大岩@立川断層の始まりを見に行く

岩の中ほどの窪みに何かが下がってます。

注連縄と大きなわらじです。

Dsc07120

フセギのわらじと言います。

「防ぎ」「塞ぎ」。

集落の境に立てて疫病や魔物の侵入を防ぐ。

岩蔵の大岩が境なんだ。

山から悪いものが下りてくるのを防いでいる。

ここ青梅市小曽木の岩蔵集落では、細い木にくくりつけて5カ所に立てているという。

「伏木のわらじ」と呼んでるようだ。

わらじの大きさは、長さ40㌢、幅10㌢。

7月の下旬に当番の人たちが集まって6個つくる。

集落境に立てたあとに向かうのは大岩。

残った1つをここに吊るすのだ。

ヤマトタケルも登場します。

温泉に入ったタケルが鎧を納めたのが大岩。

この穴でしょうか。


Dsc07124_2

岩の上にも上がってみます。

社(やしろ)があります。

名前もありません。

賽銭が置いてあったのでわれわれも志を。

大岩がいつまでも静まっていますように・・。

岩蔵御嶽神社の奥の院でしょうか。

大岩がご神体なんでしょう。

あとから調べると愛宕神社のようです。

大わらじをつくった村人は、ここに参拝したあとにわらじを吊るすんだそうだ。

神社の後ろはずっと尾根になってます。

断層が続いてるんです。


Dsc07133

東側も探索します。

何人かが岩の亀裂を確認してます。

よくよく見ると、亀裂に段差が生じてます。

ひとつながりだったものが上下30㌢近くズレてます。

断層形成の過程で、力の加わりかたが異なったんでしょう。

すごい力だねえと、みんなで感心。

1時間以上も探索したでしょうか。

地図で見ると岩の上はゴルフ場のようです。

立川断層は埼玉県の名栗断層とつながっていて立川断層帯になっているから、

ゴルフ場を突っ切って断層が走ってることになる。

見てみたいな。

でもゴルフ場にするときにならしてるだろう。

大岩はこのへんで切り上げて、縄文人の住居跡に向かいます。

岩蔵の大岩その1はこちらです。


« これが立川断層の始まりだ・岩蔵の大岩はデカイ@青梅市小曽木 | トップページ | 断層の上に住んだ縄文人@立川断層の始まりを見に行く »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/48871260

この記事へのトラックバック一覧です: フセギのわらじと岩の上には奥の院・青梅の岩蔵の大岩@立川断層の始まりを見に行く:

« これが立川断層の始まりだ・岩蔵の大岩はデカイ@青梅市小曽木 | トップページ | 断層の上に住んだ縄文人@立川断層の始まりを見に行く »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31