フォト
無料ブログはココログ

« フセギのわらじと岩の上には奥の院・青梅の岩蔵の大岩@立川断層の始まりを見に行く | トップページ | 雪消えて セツブンソウ 一輪・・・@野川公園 »

2013年1月24日 (木)

断層の上に住んだ縄文人@立川断層の始まりを見に行く

岩蔵の大岩から戻ると黒沢川と小布市川の合流点。

けっこう深い谷になってます。

小曽木街道を少しだけ北上したら温泉旅館がありました。

宿泊客の名を書いた札が下がっていて、いくつもあったので繁盛している様子。

Dsc07147_2

大岩で思いのほか時間がかかったので昼食休憩。

「古民家いろり」です。

屋外に足湯があります。

五右衛門風呂を沸かしてくれてます。

入らなかったけどね。

わたしは焼き魚定食800円。

田舎そばも盛りが良くてうまそうだった。

次はそばにしてみよう。

川の合流点に戻って縄文遺跡へ。

谷の上が畑になっていて、そこに岩蔵住居跡があります。

昭和40年の調査で3軒の住居跡が確認された。

このへんを断層が通っていると思われるが、眺めただけでは判定できない。

この遺跡は縄文時代中期のもので、約4000〜5000年前。

もう立川断層は形成されて、丘になっている。

暮らしやすかったんだろう。


Dsc07150_5

山林に分け入ったり、旧家の墓地を訪ねて断層を捜します。

しかし、素人目にはよくわからない。

削られたのか、途切れているのか。

この先は岩蔵街道に沿って歩きます。

街道は瑞穂町を通って八高線・箱根ケ崎駅北で青梅街道に合流してます。

断層沿いにつくられた道です。

自然に人が歩くようになり、やがて街道になったと思うよ。

工事もいらず歩きやすいでしょ。

車の往来が激しい。

信号もないから飛ばしている。

小さくなってひたすら歩く。

笹仁田峠を過ぎたあたりで午後4時。

今回はこのへんで終了。

バスで青梅線小作駅まで戻って次回の打ち合わせ。

次は箱根ケ崎あたりがメーンになるのかな。

« フセギのわらじと岩の上には奥の院・青梅の岩蔵の大岩@立川断層の始まりを見に行く | トップページ | 雪消えて セツブンソウ 一輪・・・@野川公園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ほんと、隣の蕎麦はおいしく見える
ほんとうに、前の蕎麦はもっとおいしく見えた!

立川断層の続き、楽しみにしています。
「岩蔵の大岩」暖かくなったら見に行ってみようかな。
「オオカミの護符」も見たいしね。

ちゃちゃさん。

おいしそうというのも健康な証拠。

適度に歩いてお腹がすくと何でもおいしい。

芙蓉酔人さん。

ぜひぜひ。巨岩がそびえてるのは一見の価値があります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/48890513

この記事へのトラックバック一覧です: 断層の上に住んだ縄文人@立川断層の始まりを見に行く:

« フセギのわらじと岩の上には奥の院・青梅の岩蔵の大岩@立川断層の始まりを見に行く | トップページ | 雪消えて セツブンソウ 一輪・・・@野川公園 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31