フォト
無料ブログはココログ

« また、フラれた・・シモバシラの霜柱@神代植物公園の植物多様性センター | トップページ | もうスノードロップが・・@植物多様性センター(神代植物公園) »

2013年1月12日 (土)

恋の花咲くこともある・ごたいめ〜んシモバシラ@植物多様性センター

1並びの11日朝は冷え込んだ。

気象庁のホームページをチェックすると府中はマイナス3・2度。

隣の調布も同じようなもんだ。条件は絶好だ。

きのうまではぐずぐずしてたけど、行かなきゃ男がすたる。前進あるのみ。

♬ノース・ウインド ノース・ウインド
 あの子はどこだろう  (「北風」北原謙二)

・・なんて鼻歌も出て、まだ見ぬ恋人を訪ねる。

Dsc07009

9時半の開門直後に到着。

神代植物公園の植物多様性センターです。

早足で向かう。

きのうは「解けました」だった看板が「あります」だ。

3日連続です。

これでだめだった今シーズンはあきらめようと思ってた。

しつこさの勝ちです。

さて、出来ぐあいはどうかな。

あっちにもこっちにも氷の妖精が。

キラキラしてます。

Dsc07032

形もさまざま。

まさしく造形の妙。

最初の写真は、なににたとえたらいいのか。

バラの花?

2番目はプロペラですね。

20本ほどの株があるんだけど、みんな違った形をしてます。

撮りまくってたら係員のお兄さんが「まだ、ありますね」

確認にきました。

お兄さんによるともっとも見事だったのは12月13日。

倍くらいの大きさがあったという。

見たかったなあ。

Dsc07034

(←これは二枚貝)。

氷結を繰り返したために茎が折れたりして、吸い上げる力が弱まったせいです。

最初の寒波が狙い目なのね。

そういえば神代植物公園の切符売り場のおばちゃんもいってた。

高尾山でも12月初めがよかったって。

中旬過ぎには見られなかったそうだ。

このほかテンニンソウ、タムラソウ、オカトラノオでも見られたそうです。

多年草で根が生きてるのが条件。

1年草のイヌコウジュにも出来る。

そうなんだ。

みんな、ここに生えてる草です。

Dsc07023

これは柏餅かな。

たっぷりたんのう。

一応、テンニンソウものぞいてみるが出来てません。

もう一度引き返してから神代植物公園へ。

こっちは野草園と「流れ」にある。

出来てはいるんですが、どれも綿菓子状。

茎の周りにモッコリとついてる。

多様性センターの方が造形が面白い。

おすすめです。

念願かなって、これで一安心。

今夜はぐっすり寝られそうだ。


« また、フラれた・・シモバシラの霜柱@神代植物公園の植物多様性センター | トップページ | もうスノードロップが・・@植物多様性センター(神代植物公園) »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

ふふふhappy01
良かった良かったscissors
おめでとうございます。
早朝には、沢山見られたのですね。
「バンザイ~!」が伝わってきます。

今年もよろしくお願いします。
霜柱好きとしてはチェックしなきゃ、と
思って見たら・・・
凄い!こんな造形的な霜柱があるんですね。
やはり自然には教わることが多いです。

恋の成就おめでとうございます。
継続こそ力なり。

かたつむりさん。来シーズンは12月の寒波を目指します。

努力はしてみるもんです。

あっ、それと野川公園ではカメバヒキオコシにも出来るようです。

これも見てみたい。

みみりんさん。

こちらこそよろしく。

タコの具合はどうですか。わたしは魚の目を専用カッターで削ってます。

東急ハンズで買いました。

ちょうどいわて銀河プラザに行って、三升漬けを買いたいと思ってたら、みみりんさんからのコメントでした。

ぽちさん。

若いときに継続してればねえ・・。

でも、いろんな形を作っていて見とれていました。

念願のシモバシラ、おめでとうございます。
高尾山とか奥多摩あたりでしか見られないと思っていた
シモバシラがこんなに近くで見られるなんて発見です。
野川公園でもまだ見られるのでしょうか。
”カメバヒキオコシ”どの辺に生えているのかな?

ありがとうございます、こちらでシモバシラ見ることができました。
今日は神代植物公園で蝋梅見て来ました、温室は工事してましたね。

それにしても、オオムラサキへのコメント、大変興味深かったです。
他人が良かれと行動したことでも、本人には迷惑だったりすることがあるんですね。


芙蓉酔人さん。

野川公園のシモバシラは、日当りがよいので開園と同時(10時)じゃないと見られないみたいです。

カメバヒキオコシは丸池の北側です。

通りすがりのおばちゃん。

早起きしたんですね。グッド!

そうですね。オオムラサキ、単純に考えてましたが、生物と環境は一筋縄では行かない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/48704224

この記事へのトラックバック一覧です: 恋の花咲くこともある・ごたいめ〜んシモバシラ@植物多様性センター:

« また、フラれた・・シモバシラの霜柱@神代植物公園の植物多様性センター | トップページ | もうスノードロップが・・@植物多様性センター(神代植物公園) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31