フォト
無料ブログはココログ

« 松浦武四郎の終の住処・たった1畳だけの書斎@ICU学園祭 | トップページ | 大福、白金、鈴木の長者たちがいた江戸@白金長者御殿あとで考える »

2012年11月 5日 (月)

葉っぱの下にキチジョウソウ@野川公園の植物観察会

第一日曜日の4日は野川公園自然観察園の植物観察会。

Dsc06124

雲ひとつない秋晴れ。

落ち葉をかさこそ踏みしめながら歩くのは実に気持ちがいい。

元気のいい青い葉をちょっとかき分けるとキチジョウソウがこんにちは。

ほかの草は冬支度なんですが、こいつはみずみずしい。

ユリ科ですから立派な花です。

右奥に見える丸いのは実です。

去年の花からできたものです。

1年経ってようやく実になる。

この写真は数日前に撮ったものです。

花は咲き初めがいい。

奈良に吉祥草寺があるんですね。

役小角が誕生した場所だそうです。

キチジョウソウで庵を造ったっていうんですけどホントかしら。


Dsc06178

これ、な〜んだ?

コート掛け?帽子掛け?

それとも力こぶ?

最初はキュウリみたいなのが出てくる。

やがて先端から枝分かれして丸くなる。

ゲンノショウコのタネです。

どうしてこんな造形を選んだんでしょうか。

鳥に見つけてもらうためなのかな。

タネが、お神輿に似てるというので神輿草の別名もあるそうです。

そういわれりゃそうだ。納得。

最近のお気に入りです。


Dsc06119

ヤブランの実です。

緑と黒が混じった感じを狙ってみました。

緑ばかりのときはつまんないんですが、

黒ずんでくると、残された緑がいとおしい。

季節の移ろいを感じ取れるからなんでしょうか。

   clover   clover

観察会では自然観察園にラクウショウがあるのを教えてもらいました。

わたしの目は節穴です。

何度も通っているのに全く気づきませんでした。

新宿御苑みたいに気根は出ていません。

となりのバードサンクチュアリの方のは気根が出てるそうです。

メタセコイヤとラクウショウの見分けかたも教わりました。

ラクウショウの小葉は互生で葉幅が狭い。

メタセコイヤは対生して広い。

樹皮もメタセコイヤは荒々しいが、ラクウショウは表面が緻密で滑らか。

きょうもいっぱい勉強しました。

菊の見分けかたも伝授してもらったので今度ね。


« 松浦武四郎の終の住処・たった1畳だけの書斎@ICU学園祭 | トップページ | 大福、白金、鈴木の長者たちがいた江戸@白金長者御殿あとで考える »

三鷹市」カテゴリの記事

コメント

楽しい楽しい観察会!ワクワクします!
神輿草、ホントに楽しいですね。
落羽松が観察園にもあるのですか?
私も、何年も行っているのに知りませんでした~coldsweats01
越して来た頃、自然観察園で女性の講師の教室があり、
初めてフェンスの中に入れることを知りました。
デジカメの普及前でした。
何て、魅力いっぱいなのだろうと思い、それからは、だ~~い好きな所となりました。

すっかりボランティアの人たちとも顔なじみになりました。
観察会の日でなくても作業の合間に、いろいろと教えてくれます。

ボランティアさんも、それぞれの得意分野があり、人によって解説内容が異なります。4日は樹木に詳しい方でした。

なんと、板橋から自転車で通ってらっしゃるそうです。2時間10分、と言ってました。

長沼公園にも行って八王子アザミを見てきたそうです。他のアザミと大きな違いはないようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/47718210

この記事へのトラックバック一覧です: 葉っぱの下にキチジョウソウ@野川公園の植物観察会:

« 松浦武四郎の終の住処・たった1畳だけの書斎@ICU学園祭 | トップページ | 大福、白金、鈴木の長者たちがいた江戸@白金長者御殿あとで考える »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31