フォト
無料ブログはココログ

« みんなのお顔も真っ赤っかで色づく公園@神代植物公園 | トップページ | 2年ぶりの皇帝ダリア@小金井公園 »

2012年11月12日 (月)

サヤがはじけてノササゲの青い実がハロー!@野川公園

降り出す前に急いで野川公園へ。

Dsc06272

いつ顔を出すのかなとずっと待ってたノササゲの実。

サヤがなんとも言えない薄紫。

実もきっと味わい深い色だろう。

サヤが割れるのをずっと待ってたんです。

2日前におばちゃん2人組をキチジョウソウに案内したときはまだだった。

それでもしつこく向かいます。

執念が実ったのか。

開いてますね。

なんという色でしょう。

濃い青に紫が混じってる。

ササゲは赤茶くて形も長細いけど、これはまん丸。

これだと赤飯じゃなくて青飯ができちゃうのかな。


Dsc06280

ヒヨドリジョウゴの赤い実。

キラキラしてます。

ヒヨドリは食べないという説もあります。

わが家のキンカンは、うまそうに食べてます。

柑橘類の方が好みなんでしょうか。

ヒヨドリが好むというのは江戸中期の百科事典「和漢三才図会」に出てくる。

ヒヨドリが群がって食べる様子が上戸に似てるとする。

酒飲みたちがワイワイやってる感じなんでしょうか。

毒を含むので人間は食べないように。

Dsc06263

センボンヤリの閉鎖花です。

いかにも千本槍です。

閉鎖花ですから自家受粉で増える。

遺伝的にはよろしくないが、とにかく子孫を残すための仕組みです。

これで綿毛をつくってタネを遠くに飛ばす。

春には普通の花を咲かせます。

2段作戦です。

でも春の花は結実の確率が低い。

それで秋にもタネを飛ばす。

すみれも秋に閉鎖花をつくります。

植物も涙ぐましいんです。


Dsc02023_2

これが春の花です。

全然違うでしょ。

秋の方が、ほかの植物が少なくて条件がいいんでしょうね。


« みんなのお顔も真っ赤っかで色づく公園@神代植物公園 | トップページ | 2年ぶりの皇帝ダリア@小金井公園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

ノササゲの実の写真 かわいい!!!
しつこくアタックしていただいてありがとうございます。
いつか本物を見てみたい。

ぽちさん、こんばんは。

しつこさが実りました。

宝石みたいでしょ。

青い真珠かな。

ノササゲの衣はほんのり紫色で綺麗ですね。
実の弾けてるのを見ようと、ずっと楽しみに
待ってるなんて、「ワクワク多摩さん」と
ニックネームをつけたいです。
いつも、滅多に行けない所にあるから、鞘の
状態を見て、弾けるところは諦めていました。coldsweats01
写真で見られて、せめても…でしたlovely

かたつむりさん。

まだまだ好奇心ボーイ。知らないことは何でも知りたい。
幸いに「ひま」という自由がたくさんあります。

そういえば桂の木もどこにあるのか捜さなくては。
甘い匂いがするので、主人公の2人が、かつらの下で愛を誓うんでしょうか。

ずっとなんで「愛染かつら」というタイトルなんだと不思議に思ってました。

愛染かつらの田中絹代さん、キレイでしたねえ。

好奇心ボーイ様
愛染かつらの意味を考えたこともなかったcoldsweats01
http://museum.umic.jp/map/document/dot78.html
…近いかな?
すぐ、調べたくなる“かたつむり”でした。

いいねえ、調べるって楽しいよね。高尾さん帰りの酔っぱらいです。

きょうは高尾山に沈む夕日をずっと眺めてました。

菊が咲いてるんですが、シロヨメナなんでしょうか。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/47805175

この記事へのトラックバック一覧です: サヤがはじけてノササゲの青い実がハロー!@野川公園:

« みんなのお顔も真っ赤っかで色づく公園@神代植物公園 | トップページ | 2年ぶりの皇帝ダリア@小金井公園 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31