フォト
無料ブログはココログ

« ナビスコ決勝は鹿島が延長戦を制して2−1@マチダのJそしてフットサル | トップページ | 葉っぱの下にキチジョウソウ@野川公園の植物観察会 »

2012年11月 4日 (日)

松浦武四郎の終の住処・たった1畳だけの書斎@ICU学園祭

泰山荘は子供のころから知ってます。

中島飛行機の創始者中島知久平が晩年の住居にしたところです。

中島飛行機ー富士重工業につとめていた父親が、よく話題にしてました。

ICU(国際基督教大学)の学園祭に会わせて公開されるので、ちょっくら見学。

Dsc06168

泰山荘の6施設が残っていて、高風居(こうふうきょ)、書院、待合、蔵、車庫、表門が国登録有形文化財に指定されています。

日野の農家を移築した母屋は昭和41年に焼失してます。

室内を見学できるのは高風居。

幕末の探検家・松浦武四郎が終(つい)の住処として建てた書斎「草の舎」です。

なんか縁側みたいでしょ。

これだけで十分だと言うんですね。

なんか分かります。

すべてを捨て、人生を振り返るにはこれで足りる。

大ラスの断捨離、そして終活。

そのかわりにぜいたくです。

「北海道」の命名者でもある松浦は各地を旅した。

その思い出として、後醍醐天皇陵の廊下天井廻り廻り縁、

鵜殿神社・神棚後ろの羽目板、鶴岡八幡宮・南側の竹庇の腕木、三島神社・南窓の扉などをもらいうけた。

こうした91もの古材をつかったんです。

究極の自己満足。

思い出のきれっぱしに囲まれての余生は満ち足りたものだったでしょう。

Dsc06166_2

全景です。

一畳敷に茶室を加えて「高風居」としたのが紀州徳川家15代当主の徳川頼倫。

同様に歴史的建造物の古材をつかった。

もちろん当初からここにあったわけではない。

日産財閥の番頭山田敬亮が別荘にしたときに代々木上原から移築された。

完成翌年の1940年に中島飛行機に売却。

創業者の中島知久平の住居として使用された。

戦後、戦犯とされた中島はGHQの出頭要請にも応じず、ここ泰山荘で尋問を受けたという。


Dsc06173

焼けた母屋の跡では野点が行われてました。

雑木林の向こうは、いわゆるハケ(国分寺崖線)。

木々の間から野川公園の木道がちらちら見えます。

学園祭の展示や催しはパスして野川公園へレッツラゴン

(©赤塚不二夫)。

800936714_p


泰山荘はきょう4日も公開してます。


« ナビスコ決勝は鹿島が延長戦を制して2−1@マチダのJそしてフットサル | トップページ | 葉っぱの下にキチジョウソウ@野川公園の植物観察会 »

三鷹市」カテゴリの記事

コメント

秋の木漏れ日、情感あふれるアングル。
目の保養になりましたhappy01

ICUの中のこと全く知らなかったので
興味がわきました。

今後も、レッツラゴンsun散策取材に期待していま~す!

chiemi-chan。

ICUは子供のころの遊び場。
雑木林に囲まれていいところだよ。

門から200㍍以上も続く桜並木も見事です。
花見に行って、ついでにノビルを掘ってました。

一石二鳥。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/47707423

この記事へのトラックバック一覧です: 松浦武四郎の終の住処・たった1畳だけの書斎@ICU学園祭:

« ナビスコ決勝は鹿島が延長戦を制して2−1@マチダのJそしてフットサル | トップページ | 葉っぱの下にキチジョウソウ@野川公園の植物観察会 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31