フォト
無料ブログはココログ

« そうだ!東京駅で下りて赤れんが駅舎を見よう@有楽町でおっさん会 | トップページ | 比べてみればこんなに違う!日本と台湾のホトトギス@調布野草園 »

2012年10月10日 (水)

区別がつかないぞ・似たものがあるハナタデ、ヒメジソ、イヌショウマ@野川公園

なまじに名前を知っちゃうんだけど似た種類との区別が付きません。

野川公園月に一度の植物観察会があるので前日に予習。

分からないのをチェックしてボランティアさんに質問するためです。

学校の勉強より熱心です。

Dsc05576

ヒメジソです。

なんで分かるのか?

場所で覚えてるだけです。

別のところにあったら、もう分からない。

イヌコウジュとよく似てるらしい。

そういわれれば、そうかもしれない。

うーん、違いはどこか。

両方とも最近知って覚えたと思ったんだけどなあ。

自信はガタカタと音を立てて崩れてしまいます。


Dsc05587

ハナタデなんです。

イヌタデ、ボントクタデ、ヤナギタデ・・。

なんとなく見分けられると思ってるんだけど、難題出現です。

サクラタデは花がサクラみたいなので、これは大丈夫。

花穂が真っすぐ立っていて花がまばらーーがポイントらしい。

葉に黒っぽい模様が出てます。

ボントクにも八の字の紋があるけど、こっちはバットマンかな。

悩みは尽きないなあ。

でも判別できるようになったときの喜びはひとしお。

年をとると学ぶことがうれしいんです。


Dsc05580

これも似たようなのがたくさんあります。

イヌショウマが盛りです。

ヒガンバナをバックに撮ってみました。

真夏にはつぼみをつけてて、ようやく花になりました。

イヌがついてるけどなかなかのもんでしょ。

サラシナショウマは花穂が枝分かれしてない。

真っすぐ一本です。

まだ咲いてません。

神代植物公園にはオオバショウマもある。

区別の仕方は知りません。

以上3つはキンポウゲ科サラシナショウマ属。

アカショウマ、トリアシショウマ、ホサキショウマもあってユキノシタ科チダケサシ属。

チダケサシは夏に咲いてて分かったつもりだったんだけど、またこんがらかってきた。

バラ科にはヤマブキショウマもある。

名前だけならレンゲショウマもある。

花が全く違いますがね。

生半可に覚えたつもりになってきてましたが、奥は深い。

もうちょっと観察眼をつけないと免状はもらえそうにありません。


« そうだ!東京駅で下りて赤れんが駅舎を見よう@有楽町でおっさん会 | トップページ | 比べてみればこんなに違う!日本と台湾のホトトギス@調布野草園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

散歩人さんの勉強熱心さにはいつも敬服しております。
今の時期、ホトトギスの見分けがつかず、
知ってる名前だけでお茶を濁している自分が恥ずかしい。

ぽちさん。

いえいえ、わたしも分かってるわけではありません。

「場所」で記憶してるだけです。

初めての里山では区別がつかないでしょう。

早く違いが分かる男になりたい。

きっと、近々、お免状がもらえるかも…scissors
「年をとると学ぶことがうれしいんです」ホントですね。
焦点が絞られてくるような気がします。
今まで生きてきた様々が養分になってねwink
楽しみにしています。

かたつむりさん。

「焦点が絞られる」いつもながら、いいことを言いますね。

まだ絞る途中ですが、何となくターゲットが見えてきたような・・。

励ましのお言葉ありがとうございます。

早く里山の免状をもらいたいな。

そしたら次は近くの山。

道のりはロング・アンド・ワインディング・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/47378996

この記事へのトラックバック一覧です: 区別がつかないぞ・似たものがあるハナタデ、ヒメジソ、イヌショウマ@野川公園:

« そうだ!東京駅で下りて赤れんが駅舎を見よう@有楽町でおっさん会 | トップページ | 比べてみればこんなに違う!日本と台湾のホトトギス@調布野草園 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30