フォト
無料ブログはココログ

« 台風が北に去った週末が見ごろです@野川公園のヒガンバナ | トップページ | 赤毛のアンから龍子記念館@地下鉄の地上を歩く会・都営浅草線 »

2012年9月28日 (金)

ボントク、サクラ、ヤナギ、イヌ・・で、タデがいっぱい@野川公園

サクラタデは、ファンが多い。

Dsc05430_2

小さい花ですが、名前の通りに桜に似てます。

これでもタデのなかでは一番大きな花なんじゃないかな。

「なんだタデかあ」とさほど期待してないので、落差が評価にかわる。

日韓、日中が緊迫していても、どこ吹く風の鈍なおっさんでも「おお。かわいい」と、

愛でちゃいます。

去年は湿地に群生してたんだけど、ことしは数本だけ。

イネ科の丈夫そうなやつに負けちゃったみたいです。

来年は巻き返しがあるのか、見守ってみよう。


Dsc05266

どこにでも生えてるイヌタデ。

アカマンマです。

特に書くことがないので、いつもの「身近な雑草の愉快な生きかた」(稲垣栄洋、ちくま文庫)にお世話になる。

ところどころ白く見えるのが咲いてる花。

赤いのはつぼみや咲き終わった花。

これで長いこと咲いてるように見せ、全体をピンクにして目立たせてる。

花が白いのは、虫に蜜のありかを知らせるため。

女の子のままごと用具ですが苦労してるんです。


Dsc05335

ヤナギタデでしょうか?

葉をかじって確かめたんですが、どの写真か分からなくなってしまいました。

鮎を買ったときビニールの袋に入ってについてくるタデ酢。

これの葉をすりつぶしてつくるんです。

「蓼食う虫も好きずき」は、ヤナギタデの辛い葉を好む虫もいる、

転じて人それぞれの意。

ボントクタデかもしれません。

今度しっかりと違いを勉強してきます。


Dsc05267_2

これはボントクタデです。

すでにイヌがあるのでボントク。

少し足りない、愚か者。

名前の由来はこちらでも触れてます。

ボンクラからボンツク、さらにボントクに変化した。

ボンクラは盆に暗いこと。

つまり博打が下手。

丁半博打です。

壺を伏せるところに敷くのが盆ござ。

転じて博打場を盆というのかな。

さしづめわたしは、ボンクラです。

あっ、そうそう。

近ごろずいぶんと穂を伸ばしてるミズヒキもタデ科です。


« 台風が北に去った週末が見ごろです@野川公園のヒガンバナ | トップページ | 赤毛のアンから龍子記念館@地下鉄の地上を歩く会・都営浅草線 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

タデ科も随分沢山ありますね。
ヤナギタデもボントクタデもいいですね~heart04
アカマンマには、ずっと前からラブコールを送っているのですが、
我がベランダには、お出でいただけていません。coldsweats01

かたつむりさん。

そうですね。見事なベランダ野草園にアカマンマが欲しいところですね。

スズメウリなども這わせたり・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/47231805

この記事へのトラックバック一覧です: ボントク、サクラ、ヤナギ、イヌ・・で、タデがいっぱい@野川公園:

« 台風が北に去った週末が見ごろです@野川公園のヒガンバナ | トップページ | 赤毛のアンから龍子記念館@地下鉄の地上を歩く会・都営浅草線 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30