フォト
無料ブログはココログ

« 冷たいことを考えたいので氷の華シモバシラ@野川公園 | トップページ | いくつになってもお勉強・この年になって紫式部と呼ばれたわけを知る@野川公園 »

2012年9月14日 (金)

見事ですシュウカイドウの群舞@野川公園

すごいでしょ、せせらぎ沿いにシュウカイドウがいっぱい。

もっと右にも、後ろにも群れてます。

Dsc05182

咲き始めに紹介したんですが、すばらしいんで、もう一度。

2、3株でも目立つけど、これほど群生してるのは珍しいんじゃないか。

ベゴニア属は耐寒性がないんですが、シュウカイドウは零下になっても生きていける。

それで、各地で半野生化してる。

中国からもたらされたのは江戸の初め。

桜が終わった頃に咲くカイドウに色が似ているのでシュウカイドウ。

秋の海棠というわけ。

Dsc05166

ゲンノショウコ。

このシンプルさが好きです。

白と紅、両方が咲いてます。

白は東日本、紅は西日本に多いんだそうだ。

子供のころは、しょっちゅうお世話になってました。

すぐお腹を壊したからね。

富山の薬屋が置いていった薬箱には薬のゲンノショウコが必ず入っていた。

今でも売ってるんだろうか。


Dsc05185

紅の方はピントが甘いので小さめに。

来週はお彼岸だというのに関東は真夏がつづいてます。

でもサルスベリも、そろそろおしまい。

植物の世界では季節が進んでます。

秋といえば菊。

ユウガギク、シラヤマギクも白い花をつけてます。

もう少しの辛抱かな。

« 冷たいことを考えたいので氷の華シモバシラ@野川公園 | トップページ | いくつになってもお勉強・この年になって紫式部と呼ばれたわけを知る@野川公園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/47062130

この記事へのトラックバック一覧です: 見事ですシュウカイドウの群舞@野川公園:

« 冷たいことを考えたいので氷の華シモバシラ@野川公園 | トップページ | いくつになってもお勉強・この年になって紫式部と呼ばれたわけを知る@野川公園 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30