フォト
無料ブログはココログ

« ハシカグサだってさ強烈だね&フジバカマのお勉強@神代植物公園 | トップページ | 日蓮宗でも不受不施派はキリシタン同様に禁教@池上本門寺 »

2012年9月25日 (火)

雨中の散歩7時間・まずは池上本門寺で力道山とご対面@地下鉄の地上を歩く会

降り続く雨のなか7時間歩きました。

今回は都営浅草線の第1回。

始発駅の西馬込に23日午前10時に集合、7時間歩いてズボンの裾はもちろん、靴の中までぐっしょり。

Dsc05352

まずは池上本門寺。

東急池上線の池上駅から参道を通ってお参りするのが本来でしょうが、裏というか横から目指します。

閑静な住宅街なのに、やたら坂が多い。

海に近いので平らなところだと思ってた。

来てみないと分からないもんです。

横からなので伽藍と墓地の間の道に出る。

やっぱり力道山のお墓にはお参りしなきゃね。

案内表示があるのですぐに分かります。

お墓の前には力道山の銅像。

シャープ兄弟やルー・テーズ、オルテガとの戦いは敗戦国の少年を熱くさせた。

進駐軍という名の占領軍が大手を振ってる時代ですからね。

日本からの輸出品は「Occupied Japan」とプリントされてた。

「Made in Japan」じゃなくて。

占領国日本ですよ。

少年のうっぷんはリキさんが晴らしてくれた。

リキさんのそっくりの顔をみてると、あのころがよみがえります。

銅像を寄贈したのは東京スポーツ会長の太刀川恒夫氏ら。


Dsc05358

ぐるっと回って仁王門へ。

力道山の次は弟子のアントニオ猪木が目的です。

仁王のモデルを猪木が務めてる。

仁王門にもあるんですが、どうやらこれではないらしい。

正面の大堂へ。

下調べでは本殿にあると書いてあった。

ここにも仁王像があるんですが、特に何も書いてない。

違うのかなあ。

ちょっくら総合案内所で訊いてくる。

本殿は横の道を真っすぐに行ったとこなんだって。

大堂には日蓮、第二祖日朗、第三祖日輪の像を祀ってる。

本殿は釈迦牟尼仏、四菩薩、祖師像。

なるほどね。そういう配置になってるんだ。

ありました。

円鍔勝三(えんつば・かつぞう)作仁王像。

力強さ、みなぎる迫力。

腕の太さなんて、並みの人間の太ももより太い。


Dsc05359_2


円鍔氏は彫刻界の巨匠で文化勲章受章者。

美術品を見る目は持ってませんが、圧倒されました。

一見の価値があります。

写真は上が「阿像」、下が「吽像」。

猪木がモデルになったいきさつはこうだ。

戦災で焼失した仁王像再建の話が1970年代に持ち上がった。

制作をゆだねられたのが円鍔さん。

年に20回も試合を見に通ったというプロレスファンの円鍔さんが、猪木にモデルを指名。

師の力道山が眠る本門寺の依頼に猪木も快諾。

「阿」と「吽」のポーズで撮影を行った。

こうして78年(昭和53年)に完成。

像は、怒り肩で横幅のある全盛期の猪木の上半身を忠実にとどめている。

墓地には市川雷蔵の墓もあるという。

お参りしたかったけど雨がやみそうもないので断念。

次は「赤毛のアン記念館・村岡花子文庫」です。

« ハシカグサだってさ強烈だね&フジバカマのお勉強@神代植物公園 | トップページ | 日蓮宗でも不受不施派はキリシタン同様に禁教@池上本門寺 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/47197559

この記事へのトラックバック一覧です: 雨中の散歩7時間・まずは池上本門寺で力道山とご対面@地下鉄の地上を歩く会:

« ハシカグサだってさ強烈だね&フジバカマのお勉強@神代植物公園 | トップページ | 日蓮宗でも不受不施派はキリシタン同様に禁教@池上本門寺 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31