フォト
無料ブログはココログ

« レンゲショウマが「見ごろ」になりました@御岳山(奥多摩)&野川公園でもマヤラン発見 | トップページ | ♬好きなんだもの・・タヌキマメ@神代植物公園 »

2012年8月22日 (水)

センニンソウも「クレマチス」なんだ@残暑にめげずにいっぱい咲き出した野川公園

純白のセンニンソウが、これでもかと日の光を浴びてますが、力強くはね返してます。

夏バテ知らずのようです。

Dsc04731_2

こんな感じの花をどこかで見たなと思ったら、カザグルマでした。

どちらもキンポウゲ科センニンソウ属。

学名はクレマチス。

というかセンニンソウ属を総称してクレマチスという。

ハンショウヅルもそうです。

カザグルマやテッセンがヨーロッパに渡って品種改良、園芸種のクレマチスがつくりだされた。

野の花にしては、みんな大型ですもんね。

でも、改良しなくても十分に美しい。

というか、飾らない美しさがあります。


Dsc04743

ヤマホトトギスも咲いてました。

タイワンホトトギスも開き始めたので、もう遅いかもしれません。

花(花被片)が大きく反り返って下を向いているのでヤマホトトギスです。

よく似たヤマジノホトトギスは平です。

今はこうして区別法を書いてますが、そのうちにどっちが反ってるのかごっちゃになって分からなくなるんですよね。

名前だって、「ヤマ」と「ヤマジ」はどう違うんだ。

「ヤマ」は山地や丘陵の林下に、「ヤマジ」は山地に生えるんだって。

「ヤマジ」の方がちょっと上で生きてるのかな。


Dsc04758

これはツリガネニンジン。

御岳山ではソバナを、これと間違えました。

花が輪生するのはツリガネニンジンです。

柱頭も花から外に飛び出してます。

このほかいっぱい咲いてます。

《白色》アメリカイヌホウズキ、イヌトウバナ、イヌホウズキ、オトコエシ、クサギ、ゲンノショウコ、ヌマトラノオ、ハエドクソウ、ヘクソカズラ、ヤブミョウガ、ユウガギク、ワルナスビ

《淡紅色》イヌゴマ、ガガイモ、キツネノマゴ、シュウカイドウ、ツルニガクサ、ヌスビトハギ、フジカンゾウ、ママコノシリヌグイ

《淡紅紫色》メハジキ

《紅紫色》ノハラアザミ、ミソハギ

《紅色》ミズヒキ

《黄色》イヌキクイモ、オトギリソウ、オミナエシ、キツリフネ、キンミズヒキ、コケオトギリ、ダイコンソウ、ヒメキンミズヒキ、メマツヨイグサ

《淡黄白色》アキカラマツ、タコノアシ

《緑白色》イシミカワ、

《淡紫色》ツリガネニンジン、ハッカ、ヤブラン

《青色》ツユクサ

《暗紫褐色》シュロソウ

《暗赤褐色》ワレモコウ

《黄赤色》キツネノカミソリ

《橙赤色》ヒオウギ

人間がアチチ、アチチと言ってる間に植物はちゃんと子孫を残す準備をしてるんです。


« レンゲショウマが「見ごろ」になりました@御岳山(奥多摩)&野川公園でもマヤラン発見 | トップページ | ♬好きなんだもの・・タヌキマメ@神代植物公園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/46777456

この記事へのトラックバック一覧です: センニンソウも「クレマチス」なんだ@残暑にめげずにいっぱい咲き出した野川公園:

« レンゲショウマが「見ごろ」になりました@御岳山(奥多摩)&野川公園でもマヤラン発見 | トップページ | ♬好きなんだもの・・タヌキマメ@神代植物公園 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30